NAS電池 ニュース&Wiki etc.

ナトリウム・硫黄電池(なとりうむ・いおうでんち、sodium-sulfur battery)とは、負極にナトリウムを、正極に硫黄を、電解質にβ-アルミナを利用した高温作動型二次電池である。NAS電池(なすでんち)またはNAS(なす)とも呼ばれる。特に大規模の電力貯蔵用に作られ、昼夜の負荷平準や、風力発電と組み合わせ離島で… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ナトリウム・硫黄電池」のつながり調べ

  • 二又風力発電所

    二又風力発電所から見たナトリウム・硫黄電池

    蓄電設備 - ナトリウム・硫黄電池 2,000kW×17ユニット(常時15ユニット併入)(二又風力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀市

    佐賀市から見たナトリウム・硫黄電池

    2000年代に入って木下敏之前市長のリーダーシップにより市営都市ガス事業の民間譲渡(佐賀ガスへの移行)が市職員組合の強い抵抗を押し切る形で実行されたほか、市窓口の一新、市施設や組織の見直し、NAS電池やIP電話導入による経費削減、サムスングループ系列のサムスンSDSと共同開発した新しい情報処理システム導入などの経費削減策などの大幅改革が行われた。この木下市政の急激な改革に対して批判の声が上がり、また市職員組合も反旗を翻し、2005年(平成17年)9月の市長選挙で秀島敏行(市水道局長などを歴任した市職員OB)が自民党と社民党の推薦という異例の形を受けて当選。成果を挙げている財政立て直しを評価する声とが交錯した。(佐賀市 フレッシュアイペディアより)

「ナトリウム・硫黄電池」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「NAS電池」のニューストピックワード