1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示
  • Classic Mac OS

    Classic Mac OSから見た暫定Dynabookダイナブック

    ビットマップディスプレイとマウスの利用を前提としていること、オーバーラップするマルチウインドウやメニュー操作、マルチスタイルフォントに代表される WYSIWYG 表示など、ゼロックスで1970年代に研究開発されていた暫定Dynabook環境(SmalltalkをOSとして動作するAlto)の多くを盗んだが、Altoでは3つあったマウスボタンをMacでは1つに限って、操作体系を分かりやすく構築し直した。ファイルシステムやドラッグ・アンド・ドロップのファイル操作、国際化に必要な情報を保存するためのリソースとコードの分離、ファイルとアプリケーションソフトウェア(アプリケーション)との関連付け、データ形式に依存しないクリップボード、プルダウンメニューやゴミ箱を発明するなど、今日でも使われている多くの独自のアレンジを加えることで使い勝手を向上させた。暫定Dynabook環境では部分的に隠れたウインドウの再描画もできなかったが、QuickDrawの実装により、これを実現させた。こうした改良により、GUIというものをコンピュータの世界に広く浸透させた。Classic Mac OS フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たダイナブックダイナブック

    パーソナルでポータブルなコンピュータという概念はアラン・ケイによる1972年に発表されたダイナブックという構想で詳しく描かれている。ノート型より先にデスクトップサイズのパソコンの開発が行われたが、これらはバッテリー駆動で持ち運びができるものではなかった。IBMは1973年にポータブル・コンピュータのプロトタイプIBM Special Computer APL Machine Portable (SCAMP) を発表し、1975年には世界初の市販ポータブル・コンピュータIBM 5100を発売した。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • Smalltalk

    Smalltalkから見たダイナブックダイナブック

    ゼロックスのパロアルト研究所()で1970年代に約10年かけ3世代(-72、76、)を経て整備された。当初は、ダイナブックである のオペレーティングシステム的位置付けだったが、 のゼロックス社製品としての販売の可能性が同社上層部決定により完全に排除されたこと、発案者であるアラン・ケイの研究開発グループ離脱などを受けてダイナブック色は失せ、 のハードウェア技術を基にした商用マシン上で動作するプロの開発者向け統合化プログラミング環境「80」として1983年に発売されることになる。現在はシンコムより という製品名で主要なオペレーティングシステム向けに販売されている。Smalltalk フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ジョブズ

    スティーブ・ジョブズから見たダイナブックダイナブック

    1979年、ゼロックスからの出資を受け入れる交換条件として、ジョブズの要請により当時ゼロックス管轄の研究所であったパロアルト研究所見学が行われた。その際、ビットマップディスプレイとマウスを前提とする「Alto」で、GUIを実現した「暫定ダイナブック環境」(開発者のアラン・ケイらは、SmalltalkをOSとして動作するAltoをこう呼称した)のデモに大きな衝撃を受けたジョブズは、開発中のLisaに、これと同じ機能を持たせることを考え、自らプロジェクトを率いて行くこととなった。Lisaの為の最初のAppleマウスは、ジョブズとデビッド・ケリー、ジム・ユルチェンコによりデザインされた。また、そのデザインプロセスがデザイン思考とIDEO誕生のきっかけとなったとデビッド・ケリーがインタビューで答えている。スティーブ・ジョブズ フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見た暫定Dynabookダイナブック

    1979年に創業者スティーブ・ジョブズらがゼロックス社のPARCを訪問した際に、アラン・ケイらが構築した暫定Dynabook環境(Smalltalk-76をGUI OSとして動作するAlto)にインスピレーションを得て、ジョブズが陣頭指揮を執るLisaのプロジェクトに大きな影響を与えることになる。ほどなくしてLisaプロジェクトから外されたジョブズがMacintoshプロジェクトをのっとったことにより、ケイらのSmalltalkのGUIの特徴(オーバーラップするウインドウ、メニュー中心のマウスを使った操作、マルチフォント等)とゼロックス社が一足さきに製品化したStarシステムの特徴(アイコンベースのファイラ)を併せ持つLisaの廉価版という位置づけの製品へと舵の方向が大きく切られることになった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示

「Dynabook」のニューストピックワード