35件中 21 - 30件表示
  • コンピュータ

    コンピュータから見た暫定Dynabookダイナブック

    米ゼロックスのパロアルト研究所において、チャック・サッカーが Altoを製作。アラン・ケイらはこれを用い、オブジェクト指向に基づく汎用のGUIデスクトップ環境である暫定Dynabook環境を構築。コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ

    コンピュータから見たダイナブックダイナブック

    ハードウェアの抽象化層を持つ現在のオペレーティングシステムの多くは、何らかの標準化されたユーザインタフェースを兼ね備えている。かつてはキャラクタユーザインタフェースのみが提供されていたが、1970年代にアラン・ケイらが Dynabook(ダイナブック)構想を提唱し、「暫定 」と呼ばれる Alto(アルト)と Smalltalk(スモールトーク)によるグラフィカルユーザインタフェース環境を実現した。なお、「暫定 」は当時のゼロックスの首脳陣の判断により製品化されなかった(ゼロックスより発売されたグラフィカルユーザインタフェース搭載のシステム Xerox Star(ゼロックス・スター)は「暫定 」とは別系統のプロジェクトに由来する)が、この影響を受け開発されたアップルコンピュータの LISA(リサ)や Macintosh(マッキントッシュ)、マイクロソフトの Windows(ウィンドウズ)の発売、普及により、グラフィカルユーザインタフェースが一般的にも普及することとなった。コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • シーモア・パパート

    シーモア・パパートから見たダイナブックダイナブック

    PCの父アラン・ケイとそのダイナブック構想に影響を与えた。様々なプロジェクトでケイと活動を共に続けている。シーモア・パパート フレッシュアイペディアより)

  • Squeak

    Squeakから見たダイナブックダイナブック

    1970年代のパロアルト研究所での俗に言う「ダイナブックプロジェクト」において、暫定Dynabook(Altoの同チームにおける呼び名)のオペレーティングシステム (OS) およびコンピュータ環境にあたるSmalltalkの開発にたずさわったメンバー、特にアイデアパーソンのアラン・ケイ、その実装者のダン・インガルスらが中心となり、当初アップルにおいて同プロジェクトは始動した。のちにウォルト・ディズニー・イマジニアリングを経て、アラン・ケイが設立したNPOであるに活動の拠点を移し現在も開発が続けられている。Squeak フレッシュアイペディアより)

  • ゼロックス

    ゼロックスから見たDynabookダイナブック

    1970年、パロアルト研究センター () を開設。1973年、アラン・ケイらが持ち寄った研究費を使いチャック・サッカーが Alto を開発。この試作機は、当時のミニコンピュータと同等かそれ以上の速度で動作しながらもそれより安価で、ブラウン管を使ったビットマップディスプレイ、マウス、キーボードを備えていた。ケイらはこのマシンを使って暫定的Dynabook環境(Smalltalkシステム)を構築。後に主流となる WIMP(ウィンドウ、アイコン、メニュー、ポインティングデバイス)スタイルのグラフィカルユーザインターフェース (GUI) を1977年頃までに段階的に整備した。ゼロックス社がその市場価値を見抜けなかったためケイらの想定していたパーソナルコンピューターとしてのAltoは結局製品化されることはなかったが、Altoのハードウエア技術は後述のXerox Starシステムに転用され、別部門で開発されたGUI OSを搭載したワークステーション、あるいはSmalltalkをプロフェッショナル開発者向けの統合化開発環境として位置づけなおしたエンジニアリングワークステーションとして販売されることになる。Altoは試作機ながら最終的には1500台ほど生産、世界中のゼロックスのオフィスやアメリカ政府や米軍に設置され多くの人がその能力を目にする機会を得た。それらはゼロックスの開発したLANであるイーサネットで相互接続されていた。そしてデータはパケット化されて転送された。間もなくゼロックスの技術者らがサイト間を接続するシステム 'Inter Network Routing' を開発した。当初の世界的ネットワークはゼロックス社内のものと、同じ技術を使ったアメリカ政府のものだった。他にアドビシステムズ創設者のジョン・ワーノックが開発したインタープレスや、AltoをLISPマシンにするInterlisp-Dシステムなどがある。ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • デスクトップ環境

    デスクトップ環境から見た暫定Dynabookダイナブック

    サムネイル|右|Altoで動作した暫定Dynabook環境(Smalltalk-76の頃)のデスクトップ。かなり後になって一般化する複数のデスクトップを保持し切り替える機能もすでに実現していた。世界初のデスクトップ環境は、ゼロックスのパロアルト研究所でアラン・ケイらが1970年代に開発した暫定Dynabook環境である(Alto (1973) や可搬式PC試作機のNoteTaker (1978) で動作。後にSmalltalk-80として商品化)。AltoやNoteTakerはこれらを安価に販売することを嫌ったゼロックス上層部の決定で製品化されることはなかったが、Altoの後継機であるDoradoを含むDマシンは同じくデスクトップ環境を有するがまったく別のOSを搭載したオフィス用コンピューター(ワークステーション) Xerox Star (1981) として改めて製品化された。デスクトップ環境を有する一般に販売されたコンピューターとしてはこれが初である。アップルは、1979年当時開発中だったケイらの暫定Dynabookからオーバーラップマルチウインドウやメニュー、カット&ペースト操作等の主要なGUI要素や作法を、また製品化後のStarからアイコンベースのファイラを模倣し、これらに独自のアレンジを加えたLisa (1983) を同じくオフィス向けの製品としてリリースした。しかしゼロックス等が専用機を販売していたSmalltalkを含め、Star、Lisaのいずれも高価であったためデスクトップ環境の利便性を広く世に知らしめるほどの普及には至らなかった。デスクトップ環境 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口達郎

    谷口達郎から見たダイナブックダイナブック

    これまでに撮影した著名人は、広末涼子、山田優、関根勤、萩本欽一等。広告撮影では東芝×インテルが手がけるdynabookのカタログ撮影、テレビ朝日主催の全国そごう巡回記念展・桂由美×假屋崎省吾『美の饗宴』のキービジュアル写真、香港の企業 YAMADAMIYURAの大型バス広告写真や地下鉄広告写真、ポストカードなどのグッズ撮影がある。日本コカ・コーラ株式会社のジョージア広告、トヨタ自動車株式会社のWeb広告写真を担当。谷口達郎 フレッシュアイペディアより)

  • DOTAMA

    DOTAMAから見たDynabookダイナブック

    東芝Dynabook「人間 vs PC RapBattle」(出演、2016年)DOTAMA フレッシュアイペディアより)

  • グラフィカルユーザインタフェース

    グラフィカルユーザインタフェースから見た暫定Dynabookダイナブック

    サムネイル|右|AltoやNoteTakerで動作した暫定Dynabook環境(Smalltalk-76、同-78の頃)のGUI1970年代には、アラン・ケイにより、誰でも簡単に使えることを目指して暫定Dynabook環境が作られた。当初はData General社のNovaでスクリプト言語的な位置づけで開発されたSmalltalk-72だったが、約5〜10倍の能力とビットマップディスプレイ、マウスを装備したAltoへと移植され、マシンパワーを得るとすぐにオーバーラップ可能なウインドウシステムの構築が試みられた(Smalltalk-74)。このマルチウインドウシステムを効率よく機能させるために後に考え出されたダブルバッファリングおよびBitBltは、現在も、ちらつきのない画面描画のために使われるアルゴリズムおよびデータ操作/ハードウェア機能として知られる。グラフィカルユーザインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック (東芝)

    ダイナブック (東芝)から見たダイナブックダイナブック

    ブランド名は、アラン・ケイの提唱した「ダイナブック」を意識し目指したことに由来する。「ダイナブック」はアスキー(現・KADOKAWA)が取得していた商標だった。ダイナブック (東芝) フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「Dynabook」のニューストピックワード