35件中 11 - 20件表示
  • タイル型ウィンドウマネージャ

    タイル型ウィンドウマネージャから見た暫定Dynabookダイナブック

    最初のバージョン (Windows 1.0) はタイル型ウィンドウマネージャを採用していた。これはアップルがXEROX PARCで見た暫定ダイナブック環境(アラン・ケイらが開発中のSmalltalk)を模して作ったオーバーラップ式のデスクトップメタファーをあえて避けたとする説もあるが、それよりは同じくXEROX PARCで開発された前述のとおり初めて完全なタイル型ウインドウを採用したCEDARをデザイン上の参考にした結果と考える方が自然である(Windows 1.0の開発リーダーはPARCでCEDARの開発者の一人でMicrosoftに移籍したスコット・マクレガー)。しかしユーザーの不満が多かったため、次のバージョン (Windows 2.0) では通常のデスクトップメタファーを採用。その後のバージョンではデフォルトがスタック型となっている。タイル型ウィンドウマネージャ フレッシュアイペディアより)

  • チャック・サッカー

    チャック・サッカーから見たダイナブックダイナブック

    アメリカに戻ると、PARCでの「暫定ダイナブック」の経験を生かし、タブレットPCの開発に関与した。チャック・サッカー フレッシュアイペディアより)

  • ペイントソフト

    ペイントソフトから見た暫定Dynabookダイナブック

    thumb|right|Smalltalk BitRectEditorペイントソフトの始祖的な存在は1975年にテッド・ケーラーらが暫定ダイナブック環境(Xerox Altoで動作していたSmalltalk)に組み込んだBitRectEditorである。MacPaintがQuickDrawのリージョン(不定形クリッピングおよび描画)機能により初めて実現した投げ縄ツールによる選択やペンキツールによる塗りつぶし機能を除けば、ツールパレット(グループ内の排他的選択を可能とする広義の“ラジオボタン”はこのソフト向けに初めて命名・実装された)やBitBlt機能を活用したスタンプ機能、ドット拡大編集機能(MacPaintのファットビット・ツールに相当)などのMacPaintの特徴的な機能の多くはすでにこのソフトで実現されていた。なおケーラーはAppleに移籍後、HyperCardの開発に携わっている。ペイントソフト フレッシュアイペディアより)

  • DOS/V

    DOS/Vから見たダイナブックダイナブック

    またDOS/Vのもう1つの特徴は、DOSの日本語対応の基本部分をDOS本体(カーネル)の修正ではなくDOS標準の拡張方法であるデバイスドライバにより実現した事にある。つまりDOSの構成ファイル(config.sys)を編集して英語DOSに「DOS/V用のデバイスドライバ(と日本語フォントファイル)」を組み込めば「日本語DOS」となり、外せば戻り、英語DOSのバージョンにかかわらず高い互換性が確保できた。実際に、日本語モードを動的にオフ・オンするchevコマンド、リブートは必要だが完全な英語DOSとなるswitchコマンドも追加された。(DOS/V以前のダイナブック、JX、AXでは英語モードで起動するには専用の英語版DOSが必要だったが、DOS/Vでは英語DOSも内蔵されていた。)またユーザーは必要に応じてデバイスドライバの拡張や交換ができ、後のV-Textに発展した。デメリットはユーザーの使用できるコンベンショナルメモリがデバイスドライバにより圧迫される点であるが、バージョン5のメモリ管理機能向上により緩和された。DOS/V フレッシュアイペディアより)

  • 暫定Dynabook

    暫定Dynabookから見たダイナブックダイナブック

    暫定Dynabook フレッシュアイペディアより)

  • 暫定ダイナブック

    暫定ダイナブックから見たダイナブックダイナブック

    暫定ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • Alto

    Altoから見たダイナブックダイナブック

    Alto(アルト)は、現代まで続くマウスによるウインドウ操作 (GUI) を導入した最初のコンピュータ。試作機。1973年9月にゼロックスのパロアルト研究所 (PARC)内において、安価で高速なミニコンを欲していたバトラー・ランプソンと、ダイナブックの暫定マシンを欲していたアラン・ケイがチャック・サッカーに依頼、1973年に最初の1台が完成後、1970年代終わりまでに約1500台が製作され同所内で活用されたほか、多くの研究機関に配布・使用された。Alto フレッシュアイペディアより)

  • オペレーティングシステムの歴史

    オペレーティングシステムの歴史から見たダイナブックダイナブック

    表示装置とプロセッサのコストが低減されてくると、多くのOSでグラフィカルなユーザインタフェース(GUI)を実用的なコストで提供できるようになっていった。Unix向けには汎用的な X Window System が登場し、他にも Microsoft Windows、ラジオシャックの Color Computer 向けの OS-9 Level II/MultiVue、コモドールの AmigaOS、アップルの Mac OS、IBMのOS/2といったグラフィカルなインタフェースを備えたOSが登場した。GUI搭載オペレーティング環境のインスピレーションとなったのは、ゼロックスのパロアルト研究所で1970年代に開発された暫定Dynabookと言われ、それを多くのベンダーが真似ていった。オペレーティングシステムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • スクロールバー

    スクロールバーから見たダイナブックダイナブック

    本記事が対象とするウィジェットとしてのスクロールバー自体はアラン・ケイらが開発した暫定ダイナブック環境(Altoで動作するSmalltalk)においてウィジェットとしての“ペイン”(ウインドウ表示域を分割する区画)に付属するものとして初めて考案・実装されたものである(1976)が、この時点では左側に配置される(ただし後述のとおりウインドウやペインの表示域外に描かれる)方式が採用された。スクロールバー フレッシュアイペディアより)

  • 情報革命

    情報革命から見たダイナブックダイナブック

    セデルでジェラール・ソワソンが変死した1983年、日本で家庭用ゲーム機のファミリーコンピュータ(任天堂)が発売された。パーソナルコンピュータ(パソコン)およびオペレーティングシステムについては、1984年に Macintosh (アップルコンピュータ)、翌年に Windows 1.0 (マイクロソフト)が売りだされた。また、1986年にインターネット技術の標準化を策定する Internet Engineering Task Force (IETF) が設立された。1973年から構想されていたダイナブックは1989年にダイナブック(東芝)で具体化される。こうして情報環境の開発が多角的に進んでゆく中、1990年代に産業はサービス化を加速させた。そして世紀をまたぐブラウザ戦争が起きた。情報革命 フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「Dynabook」のニューストピックワード