前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • アラン・ケイ

    アラン・ケイから見たダイナブックダイナブック

    マイクロコンピュータ以前の時代に、個人の活動を支援する「パーソナルコンピュータ」という概念を提唱した。つまり1960年代当時、高価で大きく、複数人で“共有”するのが当たり前だったコンピュータに“個人向け”という利用状況を想定し、それに相応しいコンピュータ環境がどうあるべきかを考えた人。自らがそう名付けた「ダイナブック構想」の提唱者。「コンピュータ・リテラシー」という言葉も彼が造った。アラン・ケイ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たダイナブックダイナブック

    「パーソナルコンピュータ」という用語は、1972年(昭和47年)にアラン・ケイがACM National Conferenceで発表した"A Personal Computer for Children of All Ages"の中で使用された。ここでは「個人のための理想のコンピュータ」という意味であり、それを「ダイナブック」と命名した。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • Dynabook

    Dynabookから見たダイナブックダイナブック

    Dynabook フレッシュアイペディアより)

  • DynaBook

    DynaBookから見たダイナブックダイナブック

    DynaBook フレッシュアイペディアより)

  • ダイナシブック

    ダイナシブックから見たダイナブックダイナブック

    ダイナシブック フレッシュアイペディアより)

  • コンテキストメニュー

    コンテキストメニューから見たDynabookダイナブック

    コンテキストメニューは、1970年代半ばに を暫定ダイナブックとして機能させるためのある種のオペレーティングシステムとして開発された 環境における「ポップアップメニュー」とその「オブジェクト指向的」な振る舞いを起源とする。この「暫定ダイナブック環境」では、 の3つのボタンマウスのうち2番目のボタンをクリックすると、その操作を「メッセージ」として受け取ったオブジェクトが、自分の役割にふさわしいメニューをポップアップする責務を担っていたため、ユーザーにはコンテキストに応じてメニュー内容が変化するように見えた。なお、同じ を使って開発されてはいても とは系譜が異なり、ゆえにまったく別の操作スタイルを有した (1981年リリース)には同種機能はなかった( では、マウスは主に対象の選択のみに用いられ、編集操作にはメニューではなく、キーボード上の特殊な機能キーを使用した)。一方で、記述言語である やアプリケーションプログラミングインタフェースのみならずユーザー・インターフェイスにおいても の強い影響下にあった (1989年公開)には、メインメニューを呼び出す機能などに同様の振る舞いの応用を見て取れた。同様のことは を用いて新しいインターフェイスのプロトタイピングなどが行われた 95(1995年公開)についても言える。コンテキストメニュー フレッシュアイペディアより)

  • メニュー (コンピュータ)

    メニュー (コンピュータ)から見た暫定Dynabookダイナブック

    なお、GUI環境におけるメニュー(ウィジェット)を初めて実装したコンピュータはゼロックスのAlto(正確には暫定Dynabook)だが、これはポップアップ式のものであった。現在のGUI環境で使われるプルダウンメニューを初めて実装したのはアップルコンピュータのLisaである。メニュー (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • Xerox Star

    Xerox Starから見た暫定Dynabookダイナブック

    特に、GUIの歴史という文脈でAltoが取りざたされる際に暗黙のうちに念頭に置かれるのは、アラン・ケイが構想したいわゆる「Dynabook」の暫定実装としてAltoを動作させた状態(つまり、SmalltalkをOSとして用いることで「暫定Dynabook」として機能しているAlto)を指していることが多い。オーバーラップするマルチウインドウ、マウスを使ったメニューの活用、選択→命令という指示手順、コピー&ペースト、アイコンを用いた切り替えボタン、マルチスタイルフォントなど、現在のパーソナルコンピュータでお馴染みの機能や操作スタイルのほとんどは、Starの開発が始まる1977年頃までにはすでに、このシステムで完成されていた。ケイらはもちろん、この暫定Dynabookを 「パーソナルコンピュータ」として安価に販売することを希望していたが、Starの完成を待って、付加価値を高めた「ワークステーション」をビジネス市場へ投入したいXeroxの上層部により彼らの要求は退けられたため、結局Altoが製品化されることはなかった(しかし、そのハードウエア技術の多くは、後にStarに転用され日の目をみることになる)。Xerox Star フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad 220

    ThinkPad 220から見たダイナブックダイナブック

    パソコンはダイナブックという構想があったように、当初から持ち歩くことを前提として考えられていた面がある。しかし、当時のラップトップやノートパソコンは、とても持ち歩けるようなものではなく、その重量から時にはニークラッシャーなどと呼ばれていた。電子手帳など類似商品はあったものの、それらはみな独自の規格によるものであり、パソコンとは全く異なるものであった。ThinkPad 220 フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ケイ

    アラン・ケイから見た暫定ダイナブックダイナブック

    1970年、ケイはゼロックス社のパロアルト研究所の設立に参加した。パロアルト研究所には1970年代を通じて在籍し、自ら提唱する理想端末「ダイナブック」を、当時利用可能な技術で具現化した暫定的ハードウエアである「Alto」と、エンドユーザーが自在にプログラミング可能で、それを全方面からサポートする機能を有する暫定的環境「Smalltalk」の開発において指導的立場をとった。このSmalltalk環境の動作するAlto(暫定ダイナブック)を見学する機会を得たスティーブ・ジョブズが、そのアイデアを大いに取り入れてLisa、続くMacintoshを開発した、というのは有名な話である。アラン・ケイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示