前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
422件中 1 - 10件表示
  • 鎌倉市

    鎌倉市から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1928年(昭和3年)の鎌倉山の分譲を嚆矢に、1930年(昭和5年)の横須賀線列車の電車化以降、戦前・戦後を通じて大規模な住宅開発が行われるようになり、東京近郊のベッドタウンとしての性格が強くなっていった。とりわけ、高度経済成長期の大規模開発の波は「昭和の鎌倉攻め」とも形容される。この時期に起こった鶴岡八幡宮裏の「御谷」開発中止を求める、作家大佛次郎を中心とした市民運動は、古都保存法制定の契機となり、異論はあるが日本におけるナショナル・トラスト運動の嚆矢ともいわれている。鎌倉市 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立近代美術館

    神奈川県立近代美術館から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    1951年(昭和36年)11月17日に神奈川県鎌倉市雪ノ下・鶴岡八幡宮境内に開館。日本最古の公立近代美術館である。開館記念展は「セザンヌ、ルノワール展」であった。神奈川県立近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 源頼朝

    源頼朝から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    武蔵国に入ると葛西清重、足立遠元に加え、一度は敵対した畠山重忠、河越重頼、江戸重長らも従える。10月6日、かつて父・義朝と兄・義平の住んだ鎌倉へ入り、大倉の地に居宅となる大倉御所をかまえて鎌倉の政治の拠点とした。また先祖の源頼義が京都郊外の石清水八幡宮を勧請した鶴岡八幡宮を北の山麓に移すなど整備を続け、鎌倉は後の鎌倉幕府の本拠地として、発展を遂げる事となる。源頼朝 フレッシュアイペディアより)

  • 公暁

    公暁から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    父である将軍頼家は建仁3年(1203年)9月の比企能員の変によって鎌倉を追放され、翌年善哉が5歳の時に北条氏の刺客によって暗殺された。建永元年(1206年)6月16日、7歳になった善哉は若宮の別当坊より祖母である尼御台北条政子の邸に渡り、着袴の儀式を行う。10月22日、乳母夫である三浦義村に付き添われ、政子の計らいによって叔父の3代将軍源実朝の猶子となった。建暦元年(1211年)9月15日に12歳で鶴岡八幡宮寺別当定暁の下で出家し公暁の法名を受け、翌日には受戒のため上洛する。園城寺において公胤の門弟として入室し、貞暁の受法の弟子となる。建保5年(1217年)6月20日、18歳で鎌倉に戻り、政子の意向により鶴岡八幡宮寺別当に就任した。同年10月11日からは実朝の命により裏山で千日参篭をおこなう。翌年建保6年(1218年)12月5日、公暁が鶴岡に参籠して退出しないままいくつかの祈誓を行っているが、一向に髪を下ろす事もしないので人はこれを怪しんだという。また伊勢太神宮や諸社に奉幣する使節を送った事が将軍御所で披露されている。公暁 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉

    鎌倉から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    現代の鎌倉市域は、南は相模湾に面し、北は横浜市、東は逗子市、西は藤沢市に隣接した区域で、面積は39.5平方キロメートルである。これは周辺の腰越町(1939年合併)、深沢村(1948年合併)、大船町(おおふなまち、1948年合併)が合併した後の市域である。古代の鎌倉はこれよりずっと狭い地域で、前述の東・北・西の三方を山で囲まれた地域に相当し、いわゆる「旧鎌倉」(=鎌倉七口の内側)に当る。これは鎌倉市内の市街地郊外に位置する諸地域にも「北鎌倉」、「鎌倉山」、「西鎌倉」、「鎌倉逗子ハイランド」等、「鎌倉」を名乗る地区があり、これらと区別する場合にも用いられる。なお、「旧鎌倉」の外側にある北鎌倉地区(旧大船町)は、鶴岡八幡宮のすぐ西「巨福呂坂」切通を越えた地域にあるが、最も鎌倉らしい風情を残す地区の一つであると言える。鎌倉 フレッシュアイペディアより)

  • 源実朝

    源実朝から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    鎌倉幕府を開いた源頼朝の嫡出の次男として生まれ、兄の頼家が追放されると12歳で征夷大将軍に就く。政治は始め執権を務める北条氏などが主に執ったが、成長するにつれ関与を深めた。官位の昇進も早く武士として初めて右大臣に任ぜられるが、その翌年に鶴岡八幡宮で頼家の子公暁に暗殺され、わずか28年の生涯をとじた。これにより鎌倉幕府の源氏将軍は断絶した。源実朝 フレッシュアイペディアより)

  • 横大路 (鎌倉市)

    横大路 (鎌倉市)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    横大路(よこおおじ)は、鎌倉幕府による都市計画の中核を成す「六大路」の一つで、『吾妻鏡』にもその名が記されている。鶴岡八幡宮の南側の瑞垣に沿って走る東西の基幹大路であった。東端は、寶戒寺前で小町大路に接し、西は鉄の井の先で窟小路へと続き、その先は今大路に至る。横大路 (鎌倉市) フレッシュアイペディアより)

  • 龍華寺 (横浜市)

    龍華寺 (横浜市)から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    龍華寺のもう一つの前身である金沢光徳寺は、現在の龍華寺の近くにあったものと考えられるが、所在地に関する確実な伝承はない。鶴岡八幡宮二十五坊に伝来した古文書によれば、観応3年(1352)9月3日に足利尊氏が「武蔵国金沢郷光徳寺」を祈願所として安堵しており、それだけの格式をもった古刹であったことが知られる。以後、鎌倉公方歴代の尊崇を受け、特に足利氏満の護持僧として活躍した鶴岡八幡宮明王院主の頼印が金沢光徳寺を管領し、永徳3年(1383)には当寺に閑居したことから、公方の来臨を受けて結縁灌頂が開催されるなど、鎌倉府・鶴岡八幡宮に直結する権門寺院として高い寺格を誇ったらしい。室町時代の関東の真言密教の高僧として知られる印融も当寺に止住し、融辨に法を授けたことがあり、教学活動も活発であった。しかし、光徳寺が痕跡も残さずに消滅し、龍華寺に吸収されたことから考えると、光徳寺は明応地震とそれにともなう大津波・高潮によって、海岸に近い境内を失った可能性が高い。江戸時代には龍華寺の塔頭として光徳寺の名跡を残し、本尊は善光寺式阿弥陀三尊像(金銅製、鎌倉時代作)であった。龍華寺 (横浜市) フレッシュアイペディアより)

  • 面掛行列

    面掛行列から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    面掛行列(めんかけぎょうれつ)は、神奈川県鎌倉市坂ノ下の御霊神社で行われる行列行事である。面をかぶった男達が練り歩く。現在は9月18日の例祭で行われているが、明治の神仏分離までは鶴岡八幡宮の8月15日の放生会で行われていた。「はらみっと祭」などとも言う。神奈川県の無形民俗文化財。面掛行列 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校

    横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校から見た鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

    附属鎌倉中学校と同じく、鶴岡八幡宮に隣接している。横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
422件中 1 - 10件表示

「鶴岡八幡宮」のニューストピックワード