前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示
  • 2011年の日本

    2011年の日本から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    宮崎県が、同県宮崎市の養鶏農場で、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜を確認したと発表。2011年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    農林水産省、宮崎県清武町の養鶏場で約750羽のニワトリが急死、鳥インフルエンザの疑いが強まったため、各都道府県に全養鶏場の緊急立ち入り調査を要請。翌日、H5型の高病原性トリインフルエンザが原因と発表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本

    2004年の日本から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    1月12日 - 山口県阿東町の養鶏場で日本国内では1925年(大正14年)以来79年ぶりとなる鳥インフルエンザの発生が確認される。2004年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • H7N9亜型

    H7N9亜型から見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    H7N9亜型(えいちなな えぬきゅう あがた、Influenza A virus subtype H7N9)は、A型インフルエンザウイルスの亜型の1つである。鳥類間で主に感染が広まっていた(トリインフルエンザ)が、ウイルスの増えやすさを決める特定の遺伝子が、ヒトの細胞の表面に感染しやすく変異している事が確認された。ただし、明確なヒトヒト感染は現在のところ確認されていない。H7N9亜型 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤公園の高病原性鳥インフルエンザ

    常盤公園の高病原性鳥インフルエンザから見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    常盤公園の高病原性鳥インフルエンザ(ときわこうえんのこうびょうげんせいとりインフルエンザ)とは、2011年2月、山口県宇部市の常盤公園(ときわ公園)で強毒で高病原性の鳥インフルエンザ感染によりコクチョウが死亡したことを受け、"常盤湖"で放鳥飼育するハクチョウ類及びカモ類の全鳥処分が行われたこと。白鳥はまちのシンボルで、また、常盤公園の最大の売りの一つであった。常盤公園の高病原性鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • H5N1亜型

    H5N1亜型から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    H5N1はトリ、ヒト、その他多くの動物においてインフルエンザを引き起こす。高病原性トリインフルエンザ(HPAI)を引き起こす株はHPAI A(H5N1)と総称され、特に東南アジアの多くのトリの間でエピデミック(局地的流行)を起こしている(「トリインフルエンザ」も参照)。HPAI A(H5N1) の変異株の1つがアジアで出現した後、現在では世界中に広がっている。また、ヒトの間で爆発的な感染に繋がる恐れのある新型インフルエンザへの変異が懸念されている。なお、2009年に発生した新型インフルエンザはH1N1亜型によるもので、これとは異なる。H5N1亜型 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザの一種と考えられるスペイン風邪は、1918年、アメリカ合衆国の兵士の間で流行しはじめ、人類が遭遇した最初のインフルエンザの大流行(パンデミック)となり、感染者は6億人、死者は最終的には4000万人から5000万人におよんだ。当時の世界人口は12億人程度と推定されるため、全人類の半数もの人びとがスペイン風邪に感染したことになる。この値は、感染症のみならず戦争や災害などすべてのヒトの死因の中でも、もっとも多くのヒトを短期間で死に至らしめた記録的なものである。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • オセルタミビル

    オセルタミビルから見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    オセルタミビル (oseltamivir) はインフルエンザ治療薬である。オセルタミビルリン酸塩として、スイスのロシュ社により商品名タミフル(tamiflu) で販売されている。日本ではロシュグループ傘下の中外製薬が製造輸入販売元である。A型、B型のインフルエンザウイルスに作用する(B型には効きにくい傾向がある)。C型インフルエンザには効果がない。トリインフルエンザを引き起こすのはA型インフルエンザウイルスであり、H5N1型の高病原性トリインフルエンザウイルスにもある程度有効との研究結果が報告されている。オセルタミビル フレッシュアイペディアより)

  • 土木工事等の受託 (自衛隊)

    土木工事等の受託 (自衛隊)から見た鳥インフルエンザ鳥インフルエンザ

    昭和48年には年間236件行なわれていた土木工事等の受託も平成15年には3件に減少するなどほぼ役割を終えており、現在は災害派遣ほど緊急性はないが、国の支援をアピールする必要がある事案への対応用の規定のような形になっている(平成16年の京都府における鳥インフルエンザ発生など事案)。なお、防衛出動や治安出動、災害派遣などより優先順位が劣るため、これらの任務に影響がある場合は中断または中止される。土木工事等の受託 (自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザウイルス

    インフルエンザウイルスから見たトリインフルエンザ鳥インフルエンザ

    A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多く、これまでHAに16種類、NAに9種類の大きな変異が見つかっており、その組み合わせの数の亜型が存在しうる。亜型の違いはH1N1 - H16N9といった略称で表現されている。ヒトのインフルエンザの原因になることが明らかになっているのは2009年現在で、「Aソ連型」として知られているH1N1、「A香港型」として知られているH3N2、H1N2、H2N2、の4種類である。この他にH9N1、高病原性トリインフルエンザとして有名になったH5N1などのいくつかの種類がヒトに感染した例が報告されているが、ヒトからヒトへの伝染性が低かったため大流行には至っていない。しかし、いずれ新型インフルエンザが定期的に大流行を起こすことは予言されつづけている。ヒトに感染しない亜型のウイルスは鳥類や他の哺乳動物を宿主にしていると考えられている。特に水鳥ではHAとNAの組み合わせがすべて見つかっており、自然宿主として重要な地位を占めていると考えられている。同じH1N1であってもさらに細かな変異によって抗原性や宿主が異なり、年によって流行するウイルスの型は異なる。インフルエンザウイルス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示

「鳥インフルエンザ」のニューストピックワード