高橋幸宏 ニュース&Wiki etc.

高橋 幸宏(たかはし ゆきひろ、1952年6月6日 - )は、日本のミュージシャンである。 (出典:Wikipedia)

表示

「高橋幸宏」公式twitter

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「高橋幸宏」のつながり調べ

  • couples

    couplesから見た高橋幸宏

    M-2は、小西によれば札幌から東京に戻る日、空港に向かうタクシーの中でメロディが浮かび、その曲のデモは1986年の大晦日から1987年の元旦にかけて作ったという。M-3はもともと小西自身が曲も書く予定だったが、高浪慶太郎に詞のコンセプトを札幌から電話で話した際、自分が書きたいと申し出たため、高浪が曲を書いた。後に小西は自分が作ってもシャッフルのこんな感じの曲にしたと思うという。この曲は後にアルバム『月面軟着陸』にて高浪と野宮真貴のヴォーカルでセルフ・カヴァーされた。2012年には野宮のデビュー30周年記念アルバム『30 〜Greatest Self Covers & More!!!〜』にてプロデュースを手がけた高橋幸宏とのデュエットで再度カヴァーされた。M-4は小西曰く、ロジャー・ニコルズ(Roger Nichols)そのままで、Aメロ“窓ガラス越しに”のコード進行から“悲しくなるほど”のBへの進行は自らほとんど同じだという。でもメロディは全然違う運びで、かなりこなれた言葉に乗せていて、今聴いても自然だという。また、Bでの“?なるほど好きなの”の3回繰り返しが自分らしいともしている。この曲は後にアルバム『PIZZICATO FIVE』にて野宮のヴォーカルでセルフ・カヴァーされた。M-6はCのサビでの“きっと私は?”での転調はニルソン(Harry Nilsson)のからの影響だという。またこの曲は田島貴男在籍時のライヴでも幾度かレパートリィとして取り上げられた。田島のヴォーカルでのライブ・ヴァージョンが後にベスト・アルバム『THE BAND OF 20TH CENTURY:Sony Music Years 1986-1990』に収録された。M-8はベースを細野晴臣に依頼したが、演奏を終えた細野が帰った後に作曲者の鴨宮諒が弾いてもらい忘れた箇所を高浪がピックで弾いていることを『THE BAND OF 20TH CENTURY』収載のライナー・ノーツにて明かしている。また同ライナー・ノーツで小西は自身が書いた詞の中の“しおれたレタス”というフレーズを鴨宮が気に入っていなかったと書いている。M-9のドラムはその日30歳の誕生日を迎えた河合マイケルが担当しているという。M-10は後にアルバム『月面軟着陸』で別アレンジでリテイクされた。M-11は最も多くライブを行っていた時期にラヴァーズ・ロックふう、レア・グルーヴふうと様々なアレンジでやってみたが、小西によればわりとどんなアレンジでもOKだったという。この曲は田島在籍時のライブでとメドレーで取り上げられ、『THE BAND OF 20TH CENTURY』に収録されている。また、アルバム『月面軟着陸』にて田島と野宮のヴォーカルでセルフ・カヴァーされ、さらにシングルのカップリング曲としてリミックス・ヴァージョンが収録された。(couples フレッシュアイペディアより)

  • 柴田くに子

    柴田くに子から見た高橋幸宏

    作詞/小西康陽、作曲/高橋幸宏柴田くに子 フレッシュアイペディアより)

「高橋幸宏」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「高橋幸宏」のニューストピックワード

  • 朝食抜くと太る

  • 規則正しく朝食をとることで体内時計がリセットされる。

  • Uta−Tube DA PUMPスペシャル in 名古屋大学