前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
283件中 1 - 10件表示
  • Welsh BluesCP

    Welsh BluesCPから見た野口五郎野口五郎

    7月、"GORO"こと野口五郎をプロデューサーに迎え、現メンバーにてレコーディング。Welsh BluesCP フレッシュアイペディアより)

  • 筒美京平

    筒美京平から見た野口五郎野口五郎

    2013年には声優・竹達彩奈のシングル「時空ツアーズ」や、2015年には野口五郎のシングル「再会タイムマシン」、2016年にはμ'sのメンバーでもある飯田里穂のシングル「青い炎シンドローム」を手がけるなど、作曲活動は現在も盛んである。筒美京平 フレッシュアイペディアより)

  • 西城秀樹

    西城秀樹から見た野口五郎野口五郎

    1973年6月25日、「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入りとなり、一躍トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれる。「ちぎれた愛」、「愛の十字架」が連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得。絶唱型と言われる歌唱法を披露。『第15回日本レコード大賞』で初の歌唱賞を受賞する。西城秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • カックラキン大放送!!

    カックラキン大放送!!から見た野口五郎野口五郎

    本番組が生まれたきっかけは、演出の白井荘也が所要で行った大阪で藤山寛美の松竹新喜劇を見たことで、「それなら俺は東京新喜劇を作る」と思い立ったことだったという。当初は『コント55号のなんでそうなるの?』の補完番組として、1975年4月より半年間の放送予定で坂上二郎・野口五郎・研ナオコをメインキャストに据えてスタート。その後、半年間『コント55号のなんでそうなるの?』が放送された後、1976年4月より同じく坂上・野口・研のトリオを引き続き起用して第2シリーズがスタートした。カックラキン大放送!! フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木茂 (ギタリスト)

    鈴木茂 (ギタリスト)から見た野口五郎野口五郎

    野口五郎「FIRST TAKE」 (1982年)鈴木茂 (ギタリスト) フレッシュアイペディアより)

  • トニー・レヴィン

    トニー・レヴィンから見た野口五郎野口五郎

    当初ニューヨークのスタジオ・ミュージシャンとして活躍し、初期フュージョンの作品盤にもいくつもその名を見ることができる。またロック方面ではポール・サイモン『時の流れに』、ジョン・レノン&ヨーコ・オノ『ダブル・ファンタジー』などにその名を刻んでいる。また、ピーター・ガブリエルのバンドでも活躍。日本では野口五郎らの作品でも演奏している。トニー・レヴィン フレッシュアイペディアより)

  • ミラクルTV大出動

    ミラクルTV大出動から見た野口五郎野口五郎

    野口五郎(第2回、第9回)ミラクルTV大出動 フレッシュアイペディアより)

  • 第18回日本レコード大賞

    第18回日本レコード大賞から見た野口五郎野口五郎

    この年の大賞候補曲ベスト10(大賞・最優秀歌唱賞・歌唱賞の候補)は、発表順に研ナオコの「あばよ」、森進一の「さざんか」、西城秀樹の「若き獅子たち」、野口五郎の「針葉樹」、布施明の「落葉が雪に」、都はるみの「北の宿から」、八代亜紀の「もう一度逢いたい」、森昌子の「恋ひとつ雪景色」、山口百恵の「横須賀ストーリー」、梓みちよの「メランコリー」である。第18回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 野口五郎岳

    野口五郎岳から見た野口五郎野口五郎

    歌手の野口五郎は岐阜県美濃市出身だが、芸名はこの山に由来する。野口五郎岳 フレッシュアイペディアより)

  • 愛ふたたび

    愛ふたたびから見た野口五郎野口五郎

    1974年の野口五郎の楽曲。以下に詳しく記述する。愛ふたたび フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
283件中 1 - 10件表示

「野口五郎」のニューストピックワード