前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
228件中 1 - 10件表示
  • 酒井法子

    酒井法子から見た相澤秀禎

    同年12月、福岡市から上京した酒井は、サンミュージック社長(当時)・相澤秀禎の自宅での下宿生活を始め、学校も東京都内の中学校に転校。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た朝日新聞出版

    2010年(平成22年)12月18日及び25日放送のTBS系『情報7days ニュースキャスター』にVTR出演。12月3日に発売した自叙伝『贖罪』(朝日新聞出版、2010年)のPRで、本と同様、事件当時の胸中を振り返る内容になった。18日放送分は酒井にとって逮捕後初のテレビ出演となった。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たテレビ東京

    カッ飛び! ヤンヤン姫 第11話「素浪人罠にはまって大激戦!」(1988年12月13日、テレビ東京)- ゲスト・小夜役酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た畠田理恵

    翌1987年(昭和62年)2月、『男のコになりたい』でアイドル歌手デビューし、オリコン最高6位と幸先のいいスタートを切る。同年の新人賞レースには数多く参戦し、畠田理恵、立花理佐、BaBe、坂本冬美などと激戦をくり広げた。また、『第18回 日本歌謡大賞』では最優秀放送音楽新人賞を受賞した。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た今井雅之

    2014年、今井雅之の舞台『手をつないでかえろうよ〜シャングリラの向こうで〜』に出演予定だったが、所属事務所オフィスニグンニイバが直前の1月16日になって辞退を申し入れる。代役は高橋明日香。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た田村英里子

    ※当時事務所の後輩だった田村英里子と共に出演。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た野島伸司

    1993年、脚本家の野島伸司に引き立てられ、主演したドラマ 『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)、続いて1995年に『星の金貨』(日本テレビ)が立て続けにヒットする。同ドラマの主題歌となったシングルCD『碧いうさぎ』は自身初のミリオンセラーとなり、デビュー9年目にして初めて 『第46回NHK紅白歌合戦』(1995年)に出場した。ドラマでの役柄に合わせて、酒井はこの楽曲を、NHK紅白歌合戦史上初めて、日本手話を交えて歌った。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た坂本冬美坂本 冬美

    翌1987年(昭和62年)2月、『男のコになりたい』でアイドル歌手デビューし、オリコン最高6位と幸先のいいスタートを切る。同年の新人賞レースには数多く参戦し、畠田理恵、立花理佐、BaBe、坂本冬美などと激戦をくり広げた。また、『第18回 日本歌謡大賞』では最優秀放送音楽新人賞を受賞した。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た覚醒剤

    2009年(平成21年)、覚醒剤を所持・使用したとして、夫(当時)と共に、覚せい剤取締法違反で東京地方裁判所から有罪判決を受けた。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た水谷麻里

    1985年(昭和60年)10月、全国応募総数54,129名のオーディション企画「'86 ミスヘアコロン・イメージガール・コンテスト」(主催・資生堂)に出場、グランプリは水谷麻里が受賞したが、酒井には「BOMB!賞」が授与された。本来このコンテストには、このような賞はなく、芸能事務所 サンミュージックの専務が酒井を見初め、「『彼女の』才能を試してみたい」との希望で急遽用意されたものだった。こうして、酒井の芸能界デビューは決定した。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
228件中 1 - 10件表示

「酒井法子」のニューストピックワード