1526件中 61 - 70件表示
  • 蛯名幸作

    蛯名幸作から見た農家農家

    競馬関係者の出身者が多い青森県上北郡出身。蛯名は上北の農家で育った。蛯名の子供の頃は自宅に馬もおり、馬を身近に感じることのできる環境であったが、この当時は馬と接することを嫌い、中学卒業後は東京都に出て喫茶店などで勤務していた。しかし勤務はするものの、遊んでばかりしていたため体調を崩してしまう。既に競馬関係者として働いていた蛯名の兄に体調を崩していた件を知られてしまい、見かねた兄が厩務員になることを勧め、これまで馬との仕事を嫌っていた蛯名も兄の勧めを聞き入れ、以後は競馬の世界で生きて行くこととした。蛯名幸作 フレッシュアイペディアより)

  • 逃散

    逃散から見た農民農家

    逃散(ちょうさん)とは、日本の中世から近世にかけて行われた農民抵抗の手段、闘争形態である。兆散とも言う。古代の律令時代に本貫から逃れて流浪する逃亡及び律令制解体後に課税に堪えずに単独もしくは数名単位で他の土地に逃れる逃亡・欠落とは区別される。逃散 フレッシュアイペディアより)

  • 郷長

    郷長から見た農民農家

    里長は郡司の管轄下にあり、税の取り立て・出挙の管理などを主な職務としており、当地の有力農民から選ばれ、庸・雑徭を免除された。郷長 フレッシュアイペディアより)

  • 脇屋真一

    脇屋真一から見た農家農家

    1925年、群馬県吾妻郡岩島村(現東吾妻町)の農家に生まれる。中之条農業学校(現中之条高校)卒業。郷土の歴史に造詣が深く、特に方言・イントネーション論に関しては群馬県の第一人者。岩島村誌の編纂に当たっては中心メンバーの一人として活躍。吾妻地方における方言の研究成果をまとめ上げた。吾妻町文化財調査委員を43年間、「古文書に親しむ会」の講師を20年程勤める。その間、免毒斎講話としての蕪雑租を町報に執筆する。ほかの著書に「あちゃがら漫筆」「吾妻の伝説」などがある。長男は脇屋精一。脇屋真一 フレッシュアイペディアより)

  • 佐中廉

    佐中廉から見た農家農家

    福定村の農家佐中友太の長男として生まれる。中野村木島仙庵の門に入り、次いで中野小、森山村寺本要塾、広瀬町山村勉斎塾でよく学び、24歳の時教員検定試験に合格した。佐中廉 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県農業会議

    都道府県農業会議から見た農民農家

    農業及び農民に関し、意見を公表し、行政庁に建議し、又はその諮問に応じて答申すること。都道府県農業会議 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方浩

    緒方浩から見た農家農家

    福岡県田川郡出身。磯吉の三男。実家は地元で知られた富農だったが、浩が育った頃は家勢が傾いていた。緒方浩 フレッシュアイペディアより)

  • 作徳

    作徳から見た農家農家

    作徳(さくとく)とは、前近代、特に江戸時代に多く用いられた語であり、農家における再生産費用に相当する。作徳 フレッシュアイペディアより)

  • 御招霊

    御招霊から見た農家農家

    送り火が家庭の玄関先や庭で行われるものから京都の五山送り火など大規模なものまで現在も行事として行われるが、村落あげての大がかりな迎え火であるこの御招霊の慣習は高度経済成長と言われた昭和40年代中頃までで終えている場合が多い。このことは予期せぬ野火に至る恐れがあったり、農家の減少で藁が十分に集められない、若者がサラリーマン化して日程の都合がつかないな、ダムの建設で山間部を離れる、過疎化や近代化など多くの古来からのそれぞれの地域の慣習や行事が消えて行く事と共通するものがある。御招霊 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・プィトカ

    ヨハン・プィトカから見た農民農家

    ヤルヴァス郡の農民の家庭に生まれる。青年時代、海に出て、海事学校で学び、1895年、タリンの遠洋航海船長を務めた。1917年、エストニア独立運動に参加し、その軍事部門に加わった。1918年、地下組織である防衛同盟の議長となる。ヨハン・プィトカ フレッシュアイペディアより)

1526件中 61 - 70件表示

「農家」のニューストピックワード