1526件中 51 - 60件表示
  • 出作

    出作から見た農家農家

    近世になると、新田開発によって本村に住む農民が居住地をそのままとして新田側に出作する例が多くなった。当該農民は本村・新田それぞれの耕地において年貢負担を行った。出作 フレッシュアイペディアより)

  • ディアナ (ローマ神話)

    ディアナ (ローマ神話)から見た農民農家

    古くから月神ルーナ(ギリシア神話ではセレーネーに相当)と同一視されていたが、元は樹木の神であったらしく、農民に信仰されたために特に人間に対する多産の神となった。アリキアでは森の神ウィルビウスと共に祭られており、その神官職はその森の木の枝を折り取った奴隷が神官と決闘し、その神官を倒した奴隷に代々受け継がれていた。ディアナ (ローマ神話) フレッシュアイペディアより)

  • 農産物価格安定法

    農産物価格安定法から見た農家農家

    農産物価格安定法(のうさんぶつかかくあんていほう)は、米麦に次いで重要な農産物の価格が適正な水準から低落することを防止し、もつてその農産物の生産の確保と農家所得の安定に資することを目的として制定された法律である。農産物価格安定法 フレッシュアイペディアより)

  • 有機農家

    有機農家から見た農家農家

    有機農家(ゆうきのうか)とは、有機栽培農法を行って有機農産物を生産し、市場へ出荷するスタイルの農業を行う農家である。慣行農業を行う農家のうち、有機農業を並行して行う農家も見受けられ、差異のある農産物を各々の市場へ出荷しているケースもある。そのような農家を、一概に有機農家と称するかどうかは議論の余地があるため、「有機農業も行う農家」と称するのが通例である。なお、職務としては慣行農業に従事し、自分たちで消費する農産物のみを有機栽培農法で生産する農家は、有機農家と称されない。有機農家 フレッシュアイペディアより)

  • コールジュ

    コールジュから見た農民農家

    乾いたコールジュはコサックや農民によって非常用糧食として使われた。コールジュ フレッシュアイペディアより)

  • 近藤和義

    近藤和義から見た農家農家

    2011年10月10日、「由布院牛喰い絶叫大会」に出席し、挨拶を述べたうえで、絶叫の見本を示すとして「セシウム牛はいりません」と絶叫した。この発言の意図について、近藤は国の対応への批判と牛肉の安全確保を促すためだったと説明している。また、「被災地の農家や牛を差別したのではない」と主張しており、差別的な意図を持った発言ではないと説明しているが、「言葉足らずだったかもしれない」とも述べている。近藤和義 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川繁次

    谷川繁次から見た農民農家

    明治元年(1868年)2月6日、太政官より岡山藩が江戸東征軍(新政府軍)先鋒を命じられたため、勇戦隊と耕戦隊(兵)は森下立太郎(耕戦隊長)指揮下となり2月9日江戸への出陣に加わる。同年4月11日、江戸城明け渡しのため江戸城西の丸に入り接収役に加わる。谷川繁次 フレッシュアイペディアより)

  • ポサードニク (コルベット)

    ポサードニク (コルベット)から見た農家農家

    1861年3月1日、リハチョーフの指示により派遣されたビリュリョーフ指揮下のポサードニクが対馬の尾崎浦に到着した。ビリュリョーフはさらに深く芋崎まで進み、かねてよりの計画通り艦の修理の名目で「海軍基地」の建造を始めた。しかしながら、地元農民は武力で以って抵抗し、これに対抗したロシア水兵が1人を撃ち殺し、数人を捕虜としたことから事態は江戸に知られることとなった。ポサードニク (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • 自給肥料

    自給肥料から見た農民農家

    自給肥料(じきゅうひりょう)とは、農民自身が生活や生産活動の中で発生させた残滓などから調達した肥料のこと。自給肥料 フレッシュアイペディアより)

  • ソルジェニーツィンの個人史

    ソルジェニーツィンの個人史から見た農民農家

    1918年12月11日、北カフカスのキスロヴォーツクの農民の家に生まれた。父は第一次世界大戦が勃発するとすぐに義勇兵として参加し、その後砲兵士官としてドイツ戦線で戦ったが1918年夏に戦死していた。敬虔なクリスチャンの祖父母と母の下で成長した。幼年時代にロストフ・ナ・ドヌーに移り、母はタイピスト兼速記者として働く。ソルジェニーツィンの個人史 フレッシュアイペディアより)

1526件中 51 - 60件表示

「農家」のニューストピックワード