1526件中 41 - 50件表示
  • なだいなだ

    なだいなだから見た農家農家

    父は新潟の小作農家の倅だった。農家が嫌で一旗揚げようと東京に出てきた。大震災後に酒屋をやめて耕地整理組合に勤めた。独学で技術を身に着けてさまざまな地へ測量に歩いたなだいなだ フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た農家農家

    田畑をそれぞれ三反歩ずつ所有する、いわゆる中農であった。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和

    昭和から見た農家農家

    太平洋戦争によって著しく落ち込んだ経済は、朝鮮戦争をきっかけに1950年代からの戦後復興期から昭和40年代のベトナム戦争の時期に回復して、さらに1960年(昭和35年)から1970年代初頭(昭和40年代後半)まで高度経済成長を遂げ、アメリカ合衆国に次ぐ経済力と技術力を備えるようになった。その要因としては、農地改革や労組の拡大によってかつては貧しく、弱い立場に置かれていた労働者や農民が大消費者層として解放され、国内市場が戦前に比べて飛躍的に拡大したことや、産業の高い技術開発力が大きく作用し、家電、自動車などは国際的にもトップを争う位置にまで達したことが挙げられる。人々が豊かになるにつれ、生活と文化の洋風化・アメリカ化が進んだ。後にはそうした基盤の上に日本独自の文化が見直されるようにもなった。2度にわたるオイルショックを境に高度経済成長時代は終わり、安定成長時代を経てバブル景気へと突入した。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見た農家農家

    1936年、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)に生まれた。父は「利(とし)」、母は「チヨ」。兄1人・姉2人の4人兄弟の末っ子である。生家は農家だったが。土地は貸し出し、父は臼井町役場の収入役や助役をしていた。父は在所の世話役だけに短気ではなく、母は意志が強いしっかり者だった。長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア帝国

    ロシア帝国から見た農民農家

    ドゥーマ('''':国会)は1905年の十月詔書により創設された代議制議会である。ロシア帝国の立法機関は二院制で国家評議会が上院、ドゥーマは下院にあたる。議員数は1907年の時点で442人である。選挙方式は所有財産によって別けられた地主、都市(ブルジョワジー)、農民、労働者の4つのグループからなる複雑な間接選挙方式で、地主やブルジョワジーに極めて有利な制度であった。1906年4月23日に発布された国家基本法(憲法)では皇帝は依然として専制君主と規定されており、法案の拒否権とドゥーマの解散権を留保した。大臣会議議長(首相)と大臣は皇帝の任命によるもので、議会に対して責任を負う責任内閣制でもなかった。また、予算審議権も戦時関係予算や勅令・法律による歳入出はドゥーマの管轄外であるなど制約の多いものであった。ロシア帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た農民農家

    織田信長は永禄11年(1568年)に、北伊勢の神戸具盛と講和して、三男の織田信孝を神戸氏の養子として送り込んだ。また、長野具藤を内応により追放して、織田信長の弟の織田信包を長野氏の当主とした。北畠家とは大河内城の戦いで対戦し、大河内城を大軍を率いて攻略し、次男の織田信雄を養嗣子として送り込んだ。また、信長は願証寺の信者である長島一向一揆との戦いや天正伊賀の乱(織田家の伊賀国侵攻)で信長に反抗する伊賀・伊勢の豪族や一向宗を信じる北勢地域の農民を大量殺戮した。その後、徳川家康の伊賀越えで協力した伊賀忍者を徳川氏が登用して江戸時代に活躍する。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 中国大返し

    中国大返しから見た農民農家

    沼城と姫路城の間には軍記物語『太平記』に「山陽道第一の難処」と記された船坂峠があり、谷が深く、道が狭隘な上に滑り易いとされていた。また、姫路城への帰還は暴風雨の中行われたという記録もあり、道筋の河川は相次いで増水したという。この時、秀吉は氾濫した川近くの農民を雇って、人の鎖をつくり、その肩に負いすがりつつ川を渡らせたという逸話が残っている。中国大返し フレッシュアイペディアより)

  • 農業集落

    農業集落から見た農家農家

    日本における農業集落は、農業を営む農家を中心とした村落構造の一種である。農業集落 フレッシュアイペディアより)

  • 時の誘拐

    時の誘拐から見た農家農家

    漫画家志望の明るい青年。農家の離れを借りて自炊生活をしていた。昭和24年9月、その離れで自殺した。原因は厭世によるものとされた。高塔と知り合いだった。時の誘拐 フレッシュアイペディアより)

  • 金肥

    金肥から見た農家農家

    金肥(きんぴ/かねごえ)とは、購入肥料(こうにゅうひりょう)とも呼ばれ、農家がお金を出して購入する肥料を指す。これに対して、刈敷・草木灰・厩肥など農家による自家生産が可能な肥料を自給肥料と呼ぶ。金肥 フレッシュアイペディアより)

1526件中 41 - 50件表示

「農家」のニューストピックワード