1526件中 31 - 40件表示
  • 暴れん坊将軍

    暴れん坊将軍から見た農民農家

    旗本の横暴に苦しむ江戸町民や、諸藩・天領代官の搾取に苦しむ農民による目安箱への訴え(及びその直前での斬殺)暴れん坊将軍 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部貞治

    矢部貞治から見た農家農家

    1902年11月9日鳥取県気高郡美穂村大字向国安(現在の鳥取市向国安)の農家に生まれる。のち、愛媛県今治市出身の司法官矢部安男の養子となる。旧制鳥取中学校、旧制第一高等学校文科甲類を経て1926年3月東京帝国大学法学部政治学科を卒業、矢内原忠雄博士から教育者になることをすすめられ、政治学の創始者たる恩師小野塚喜平次博士に就いて政治学者への道を進むこととなる。矢部貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩町和具

    志摩町和具から見た農民農家

    戦国時代には「志摩十三地頭」の一人、青山氏(和具氏とも称す)が勢力を伸ばし和具に居城を構えた。この城は「和具砦」と呼ばれ、50×40mの規模があり、7代が拠った。青山氏の初代・青山小平太は暦応年間(1338年〜1341年)に紀伊国から守護に招かれ和具に来たという。子孫の青山豊前は永禄年間(1558年〜1570年)に九鬼嘉隆の家来となって九鬼姓を名乗り、著しい軍功をあげた。九鬼氏の家督争いで転封になった際は嘉隆の孫・久隆に従い摂津国三田藩(現兵庫県三田市)へ移った。1532年(天文元年)頃、矢納村(和具の旧村名)から4戸の農民が生活困窮のために間崎島へ移住した。こうした経緯から、間崎島は距離的には阿児町の方が近いが、志摩町和具に属している。志摩町和具 フレッシュアイペディアより)

  • 菅義偉

    菅義偉から見た農家農家

    秋田県雄勝郡秋ノ宮村(後の雄勝町、現:湯沢市秋ノ宮)中央部旧国道沿いに家があった農家に長男として生まれる。家族は父、母、姉2人、弟1人。父・菅和三郎は、満鉄職員として当時満州国の首都だった通化市で日本の降伏を迎えた。引き揚げ後、郷里秋ノ宮で農耕に従事。「秋の宮いちご」のブランド化に成功して、秋の宮いちご生産出荷組合組合長や、雄勝町議会議員、湯沢市いちご生産集出荷組合組合長などを歴任し、2010年に93歳で死去した。母や叔父、叔母は元教員であり、2人の姉も高校教諭となった。菅義偉 フレッシュアイペディアより)

  • 一川保夫

    一川保夫から見た農家農家

    農林省への採用面接の席上で面接官らを相手に「農家の苦しみが分かる幹部はいるのか」などと主張したと朝日新聞のインタビューに答えている 。一川保夫 フレッシュアイペディアより)

  • 明治

    明治から見た農民農家

    1876年(明治9年)7月28日には新政府の費用を作り出すため「地租改正」条例を公布し、農地の値段を定めて豊作・凶作に関係なく地租を地価の3%と定め、土地所有者に現金で納めさせることにした。地主は土地所有を法的に認められるようになった。しかし地主と小作人の関係は変わらず、小作人はこれまで通り小作料を現物で地主に納めさせた。自作と小作農は負担がそれまでより軽くならないで苦しい立場に置かれることになった。地主は他の農民の土地を買い、それらの土地をお金に換えて資産を増やしていった。そして一部は土地を処分して資本家に変わっていった。やがて土地を耕すことはすべて小作人に任せ、お金だけ受け取って都市部で暮らす不在地主が増えていった。徴兵令に対する不満と地租改正に反対して百姓一揆がしばしば起こり、1876年(明治9年)に三重県で発生した伊勢暴動(東海大一揆)、茨城県などの地租改正反対一揆などを受けて翌年地租率を2.5%に引き下げざるを得なかった。その結果、地租を納める農民の負担は江戸時代のおおよそ20%減ることになった。明治 フレッシュアイペディアより)

  • 社会主義

    社会主義から見た農民農家

    毛沢東を中心とした中国共産党の思想。特に文化大革命期の中国共産党の理論・主張をさす。マルクス・レーニン主義を掲げながらも、農民中心のゲリラ戦術などによる武力革命方式を主張した。毛沢東主義とも呼ばれるが、これはあくまで他称であり、中国共産党の自己の理論の呼称は一貫して毛沢東思想である。ただし、文革期の紅衛兵などが毛沢東主義の呼称を使用した例がごく一部に存在している。社会主義 フレッシュアイペディアより)

  • 士農工商

    士農工商から見た農民農家

    士農工商(しのうこうしょう)とは、儒教において社会の主要な構成要素(官吏・農民・職人・商人)を指す概念である。「四民」ともいう。日本では、近代になり江戸時代の身分制度を意味すると捉えられるようになったが、1990年代頃から実証的研究が進み、同時代的に現実に施行された制度ではないと理解されるようになった。士農工商 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパにおける政教分離の歴史

    ヨーロッパにおける政教分離の歴史から見た農民農家

    政治社会との関係でいえば、「二王国論」が重要である。ルターは神がこの世界に二種の支配(2つの王国)を作り出したといい、一つは霊的な教会で、目に見えないものであり、かつキリスト教徒のみに許されているという。もう一つは世俗的な剣の支配で、これはキリスト教徒に限られず、世界のあらゆる民族を包含している。ルターはキリスト教に反しない限り世俗支配は積極的に受け入れるべきであると説くが、一方、教皇もしくは皇帝が違反した場合にはこれに抵抗することができるとしている。すなわち、ルターは、キリスト教世界の問題としてこれを考えていたにもかかわらず、宗教権力の優越という考え方には異議を唱え、結果的に政治的なものを利することになったのであり、ある意味では、政教分離の強力な推進者となった。とはいえ、ルターはあらゆるキリスト教徒が抵抗の主体となることを認めているわけではなかった。抵抗の主体となりえるのは、自らの領民をキリスト教のもとに保護する責務がある諸侯のみである。しかも世俗法においては皇帝と諸侯は契約によって関係を結んでいるのだから、同等であるとする。農民などの民衆は皇帝と対等ではないので、抵抗すれば反乱となる。これは結果として信仰における諸侯の絶対的権限および領邦教会制度(後述)を理論的に認めるものであり、ルターの社会的・政治的見解は、このようにきわめて保守的なものであった。ヨーロッパにおける政教分離の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢佐重喜

    小沢佐重喜から見た農家農家

    1898年11月25日、岩手県胆沢郡水沢町(水沢市を経て、現・奥州市)の農家に生まれた。父の徳太郎は、田畑をそれぞれ三反歩ずつ所有する、いわゆる中農であった。徳太郎は百姓でありながら農閑期になると寺子屋に通っていたといわれている。ところが、徳太郎はかなりの大酒飲みで、のちに小沢家が没落していく原因となる。小沢佐重喜 フレッシュアイペディアより)

1526件中 31 - 40件表示

「農家」のニューストピックワード