1526件中 21 - 30件表示
  • グスコーブドリの伝記

    グスコーブドリの伝記から見た農家農家

    ブドリとも呼ぶ、本編の主人公。イーハトーブの森に暮らす樵(きこり)・グスコーナドリの長男として生まれる。10歳の年から翌年にかけて連続して起きた冷害による飢饉が原因で一家離散の憂き目に遭った後、森一帯を買収した資本家の経営するてぐす工場で働くが、火山噴火による降灰被害で工場は閉鎖する。続いて、山師的な農家「赤ひげ」のもとに住み込み、農作業の手伝いと勉強に励む。その後、興味を持っていたクーボー大博士の学校で試問を受け、イーハトーブ火山局への就職を紹介される。火山局では着実に技術と地位を向上させていき、数々の業務に携わり、ひとかどの技師になる。しかし27歳のとき、またしてもイーハトーブを冷害が襲い、ブドリは苦悩する(詳しくは「あらすじ」を参照のこと)。グスコーブドリの伝記 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド料理

    ポーランド料理から見た農家農家

    南部のマウォポルスカ地方やその周辺の農家ではヤギの生乳から作った非常にクセの強いスモークチーズが各農家の家内工業で生産されており、このチーズはポーランド人の間でも好き嫌いが分かれる。地域よって製法・見た目・味が微妙に異なり、オスツィペック(oscypek)、オシュチペック(oszczypek)、ゴルカ(golka)、レディコルカ(redykolka)、ブンツ(Bundz)などと呼ばれている。これらは一般に紡錘や俵のような形をしており、独特の紋様がつけられている。数日間から14日間ほどかけてゆっくりと燻煙する。これを適当な大きさに輪切りし、フライパン、オーブン、オーブントースターなどで柔らかくなるまで焼いたものはバツフカ(Bacówka、「羊飼いの小屋」の意味)あるいはポドスマジャヌィ・オスツィペック(podsmażany oscypek)、蜂蜜、メープルシロップ、ジャム、ベリーソース、ホイップクリーム、サワークリームを乗せおやつにする。外国製チーズは、ゴーダチーズやクリームチーズが特に好まれるようだ。ポーランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • 直訴

    直訴から見た農民農家

    日本の中世・近世において一般民衆(農民、町人)や下級武士が、手続きを無視して直接将軍や幕閣などに訴状を渡す行為直訴 フレッシュアイペディアより)

  • 近江天保一揆

    近江天保一揆から見た農民農家

    近江天保一揆(おうみてんぽういっき)は、江戸時代後期に起こった百姓一揆。甲賀騒動・甲賀一揆・三上騒動・百足山騒動・天保十三年近江天保一揆などとも言う。典型的な『惣百姓一揆』(代表越訴型一揆と異なり、庄屋等の村役人層に指導された全村民による一揆、大規模で政治的要求を掲げた)である。天保13年10月16日((新暦)1842年11月18日)近江野洲郡・栗太郡・甲賀郡の農民が、江戸幕府による不当な検地に抗議し、『検地十万日延期』の証文を勝ち取った。一揆後、幕府により数万人を超える農民に対して苛烈な取り調べが行われ、土川平兵衛等指導者11人が江戸送りとなった他、千余人の一揆参加者が捕縛され、その中の多くが獄死や帰村後衰弱死したと伝えられている。これら犠牲になった人たちのことを近江天保義民(天保義民)と言う。近江天保一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 寺坂祐一

    寺坂祐一から見た農家農家

    1972年12月18日、北海道富良野市の農家に生まれる。1991年、富良野農業高校を卒業。1993年、富良野農業高校農業特別専攻科を卒業、就農。寺坂祐一 フレッシュアイペディアより)

  • 大工

    大工から見た農家農家

    寺社大工(宮大工と同じ)は主に木造軸組構法(ただしこの枠組から外れる構造物もある)で寺社を造る大工。江戸時代に町奉行、寺社奉行という行政上の自治の管轄が違ったため町大工と区別される。いまでも宮大工といわず寺社大工という地域もある。ただし郊外など二つの管轄から外れる地域では明確な区別がないともいえる。このことから現代でも寺社大工と町大工を兼ねる工務店も多い。また郊外という空間上の制限がない場所柄と農家の顧客が主なこともあり町場と違い大断面の木材と基本となる間尺(モジュール)も比較的大きく、仕口や材料も奢ったものも多く寺社建築に近かったことも要因である。都市部近郊では未だに築300年程の農家も多く存在する。大工 フレッシュアイペディアより)

  • 大島知美

    大島知美から見た農家農家

    1955年2月5日、新潟県中魚沼郡津南町の300年以上続く農家(田んぼの枚数では魚沼一)の長男に生まれる。1973年、新潟県立興農館高等学校を卒業後、就農。1983年、米国農業の視察。1991年9月2日、株式会社ごはんを設立。2005年9月30日、「自走式除草機」の特許出願。2007年10月28日、津南町議会議員選挙に当選。2009年3月19日、『やわらかもち』が関東経済産業局「地域産業資源活用事業計画」の第7号に認定。2011年7月19日、六次産業化・地産地消法に基づく事業計画の認定(平成23年度第1回認定)。2014年3月、魚沼津張屋『COREDO室町店』を出店(日本橋)。2015年3月19日、新潟インキュベーションファンド1号の投資先。2017年7月5日、新潟県経営革新計画に認定。大島知美 フレッシュアイペディアより)

  • 植村直己

    植村直己から見た農家農家

    1941年2月12日、兵庫県城崎郡日高町(現豊岡市)で、植村藤治郎・梅夫妻の末っ子として生まれる。実家は農家。藤治郎の3代前の「植村直助」から「直」の字を取り、干支の巳と合わせて「直巳」と名付けられたが、町役場の戸籍担当職員の誤字により戸籍名は「直已」として登録された。のち、大学時代から「巳(へび)より己(おのれ)の方が格好良い」ということで「直己」を名乗るようになった。植村直己 フレッシュアイペディアより)

  • ギリシア神話

    ギリシア神話から見た農民農家

    古代ギリシア人は、神々が存在した往古より人間の祖先は存在していたとする考えを持っていたことが知られている。例えばヘーシオドスの『仕事と日々』にもそのような説明がなされている。他方、『仕事と日々』は構成的には雑多な詩作品を蒐集したという趣があり、『神統記』や『名婦列伝』が備えている整然とした、伝承の整理付けはなく、当時の庶民(とりわけ農民)の抱いていた世界観や人間観が印象的な喩え話のなかで語られている。ギリシア神話 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢知素麺

    大矢知素麺から見た農家農家

    大矢知素麵(おおやちそうめん)は、 江戸時代の幕末期から「三重の糸」、「伊勢そうめん」として知られ、農家の副業として生産されるようになった三重県四日市市大矢知地区の特産品の素麵である。太麺であることと、コシの強さを特徴とする。大矢知素麺 フレッシュアイペディアより)

1526件中 21 - 30件表示

「農家」のニューストピックワード