1526件中 91 - 100件表示
  • 農地基本台帳

    農地基本台帳から見た農家農家

    農家の項も参照のこと。農地基本台帳 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山金太郎

    杉山金太郎から見た農家農家

    杉山によれば「私の家のことははじめに述べた通り、紀州の一小農に過ぎないが、市川家の方は静岡県富士郡の出身で、父は立志伝中の人であり、開港初頭に横浜に出て来て紙問屋として成功されたのであった」という。杉山金太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 3ちゃん農業

    3ちゃん農業から見た農家農家

    3ちゃん農業(さんちゃんのうぎょう)とは、それまで農家の働き手であった男性が出稼ぎに出たり、農業以外の職業に従事したりして、老年男性と老年女性と主婦、すなわち「じいちゃん、ばあちゃん、かあちゃん」により農業が営まれることである。3ちゃん農業 フレッシュアイペディアより)

  • 魔空八犬伝

    魔空八犬伝から見た農家農家

    時は流れ、永禄4年(1561年)。農家の少年・犬塚信乃は、侍大将だった先祖に憧れ、天下取りを夢見ていた。刀を得ようと戦場跡に入った時、黄金で出来た魔空城(里見城)が虚空から出現した。黄金城はすぐに消えたが、亡霊のような魔物が現れ、通りがかった犬山道節を襲う。しかし、道節は慌てずに左目にある仁の珠から光を放ち、魔物を退散させた。魔空八犬伝 フレッシュアイペディアより)

  • ダマされて巫女

    ダマされて巫女から見た農家農家

    晴風の通う高校。家が農家の生徒が多いらしい。ダマされて巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 野元昭

    野元昭から見た兼業農家農家

    1940年、宮崎県北諸県郡の兼業農家に生まれる。日本が太平洋戦争へ向かう時期にあたり、3歳のときには父親が戦死し、以後母子家庭で育った。中学校では器械体操部に所属、のちに騎手・調教師となる橋口弘次郎の伯父が同校で教師を勤めており、その勧めで騎手を志し、中学卒業後に東京都馬事公苑の騎手養成長期課程に第7期生として入所した。おもな同期生には池江泰郎、高橋成忠、吉岡八郎、福永甲、徳吉一己がいる。池江は北諸県郡の別の学校で器械体操部に所属し、これ以前から顔見知りであった。野元昭 フレッシュアイペディアより)

  • ドナウ川のシーチ

    ドナウ川のシーチから見た農家農家

    1813年の春、ウクライナ・コサックはドナウ川のカテルレーズ地方で新たなシーチを創立したが、2年後、それをドナウ川の支流であるドナヴェツィ川へ移動した。このシーチの組織はザポロージャのシーチと同様なものだった。最高機関は軍事議会が存在し、そこでコサックの長官である軍隊長、軍裁判官、書記官、軍律取締役と通詞役が選ばれていた。コサック全員が軍事議会に参議権を持ち、長官選挙での被選挙権・選挙権を有していた。シーチは、短期間内でウクライナ人の政治的・社会的な中心となり、そこへロシアの支配下にあるウクライナから迫害を受けた下級コサックと農民が次々と逃亡していった。ドナウ川のシーチ フレッシュアイペディアより)

  • 不輸の権 (日本)

    不輸の権 (日本)から見た農民農家

    こうして、紛争は日本各地で多発したが、地方豪族や有力農民のなかには自らの勢力を維持・拡大するため、また、農民の反抗を防止して土地・人民を確保するために武装する者が少なくなかった。また、紛争鎮圧のために政府から押領使や追捕使として派遣された中級・下級の貴族のなかにも武士として現地に留まる者があらわれ、やがて軍事的ネットワークが各地に形成されていくのである。不輸の権 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • コルヒーダ (ヨット・2代)

    コルヒーダ (ヨット・2代)から見た農家農家

    1917年にロシア革命が勃発すると、ペルナーチは臨時政府黒海艦隊に所属した。この年の10月25日(新暦11月7日)、巡洋艦アヴローラが冬宮に対し砲撃を行ったとき、十月革命の勝利は決定付けられた。午前10時、革命戦時委員会はV・I・レーニンの署名のもと、ロシア市民に対し全ての権力が労働者と農民に掌握されたことが宣言された。コルヒーダ (ヨット・2代) フレッシュアイペディアより)

  • 萩原太郎

    萩原太郎から見た農民農家

    平戸村代官を務めるとともに道場を開き、農民に剣術を指南する。道場は有名になり諸国の剣客が試合に訪れた。1858年(安政5年)8月には天然理心流の近藤勇(後の新選組局長)が訪れたが、前月に将軍徳川家定が死去し喪中であったため試合は行わなかった。萩原太郎 フレッシュアイペディアより)

1526件中 91 - 100件表示

「農家」のニューストピックワード