前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1526件中 1 - 10件表示
  • 中原謙助

    中原謙助から見た農家農家

    山口県厚狭郡厚東村(現宇部市)の農家小林八九郎、フデの次男として生まれた。小学生の頃、父親の八九郎が離婚、浜田スミという女性と再婚。謙助は八九郎の姉のミキが嫁いでいた野村家の養子になる。棚井小学校(現・宇部市立厚東小学校)の教師から苗字が変わったことを告げられた謙助はその場で泣き出したという。中原謙助 フレッシュアイペディアより)

  • グスタフ3世 (スウェーデン王)

    グスタフ3世 (スウェーデン王)から見た農民農家

    当時はスウェーデンの政権を農民、市民と貴族らによる身分制議会が握っており、事実上は貴族らの影響が強かった。ロヴィーサ・ウルリカは国王が内政など国を動かすべきだと考えていた(彼女もクーデターを起こしたが失敗している)。グスタフ3世 (スウェーデン王) フレッシュアイペディアより)

  • 緒方重威

    緒方重威から見た農家農家

    父の実家福岡県田川郡勾金村(現香春町)の祖父と祖母が温かく迎え入れてくれた。父の実家が農家だったから最低限食べるものには困らなかった。緒方重威 フレッシュアイペディアより)

  • 国民的歴史学運動

    国民的歴史学運動から見た農民農家

    そして「封建革命」の担い手が、古代の支配者である貴族を打倒した武士であり、「狂言・謡曲・茶の湯・生花等はいずれも武士・農民による闘争の中で生まれて来た」というものであった。国民的歴史学運動 フレッシュアイペディアより)

  • 中川吉右衛門

    中川吉右衛門から見た農家農家

    中川 吉右衛門(なかがわ きちえもん、1976年1月10日 - )は、日本の篤農家。特定非営利活動法人『Fan土 earth JAPAN』代表理事。山形県立高畠高等学校臨時教師。山形県東置賜郡高畠町にて夫婦で営農(中川美花子)。若手自然栽培農家として、メディア・SNSで発信し、自然栽培による地域活性化に尽力している。中川吉右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 大和野菜

    大和野菜から見た農家農家

    奈良県農林部は、1991年(平成3年)5月、伝統野菜産地育成検討会で「大和まな」と「祝だいこん」の取組を開始、翌92年(平成4年)には「宇陀ごぼう」「丸なす」で奈良県経済連に補助を決めた。これらの取組は一旦立ち消えになったが、2002年(平成14年)に川西町商工会が「結崎ネブカ」の復活に着手。2004年(平成16年)には県が大和野菜振興対策事業を策定し、農家の自家需要など地域で大切に自家採種されてきた固有の伝統野菜を次の世代に残して発展させ、産地の地域おこし、地産地消、大都市圏向けの地域ブランド化、観光・飲食産業への活用、遺伝資源の保存などにつなげるという観点から、2005年(平成17年)10月5日に在来種である「大和の伝統野菜」10品目と栽培等に工夫を加えた「大和のこだわり野菜」4品目を「大和野菜」に指定した。 以後、漸次追加指定され、2014年末現在、「大和の伝統野菜」20品目、「大和のこだわり野菜」5品目となっている。また、指定されていない在来野菜も約30品目確認されている。大和野菜 フレッシュアイペディアより)

  • 百姓

    百姓から見た農民農家

    農民(農家、農業従事者)の事を指す語。日本だけで通用する。「ひゃくしょう」と読まれる。百姓 フレッシュアイペディアより)

  • 石破二朗

    石破二朗から見た農家農家

    7月29日 - 鳥取県八頭郡大御門村大字殿(のち郡家町大字殿、現八頭町郡家殿)の農家に生まれる。農業・石破市造、マサの次男だった。石破二朗 フレッシュアイペディアより)

  • ズッコケ中年三人組

    ズッコケ中年三人組から見た農家農家

    ハチベエとケイコの長男。ハチベエの母校である高山高校が共学化・改称した三栄高校に入学する。運動は人並みで勉強は壊滅的という取り柄ナシ。弟に対して強烈な劣等感を持っている。そのために不登校に陥り一時期グレかけるも、小学校時代の親友の死というショッキングな体験を経て「友の(畜産養豚農家になるという)夢を引き継ぐ」という自らの夢を見出して立ち直る。高校卒業後は稲穂県の北(ミドリ市から高速経由で1時間弱掛かるらしい)にある農業大学校に進学し、そこで寮生活を送る。ズッコケ中年三人組 フレッシュアイペディアより)

  • トムテ

    トムテから見た農家農家

    トムテ(スウェーデン語Tomtar、英語Tomte、ノルウェーとデンマークでは ニッセ(nisse)、フィンランドではトントゥ(tonttu)と呼ばれる)は、北欧の民間伝承に登場する妖精である。小さな子供くらいの大きさで赤い帽子をかぶり、農家の守護神とされている。優しい性格で農家に繁栄をもたらすが、一方で気難しく、大事に扱われなければその家や捨て去ってしまう。また、いたずらをされた場合には仕返しをする。北欧圏では、クリスマス(ユール)にはトムテに粥(ポリッジ)を供える習慣がある。トムテ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1526件中 1 - 10件表示

「農家」のニューストピックワード