前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 水木一郎

    水木一郎から見た超神ネイガー超神ネイガー

    7月10日、イオン石巻ショッピングセンターで開催された、東日本大震災復興支援イベント「がんばれ東北! Never ねば Give Up!!」で超神ネイガーと共演し、「ヒーローは Never ねば Give Up!」を歌った。水木一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田放送

    秋田放送から見た超神ネイガー超神ネイガー

    ローソンPRESENTS 超神ネイガーVSホジナシ怪人 - ローソンPRESENTS 超神ネイガー 〜あきた観光地大決戦〜 - 超神ネイガー 勝ぢ抜ぎ大バトル秋田放送 フレッシュアイペディアより)

  • 浪速伝説トライオー

    浪速伝説トライオーから見た超神ネイガー超神ネイガー

    Webやテレビでの特撮ドラマの配信やアトラクションショーなどで活動をしている。トライオーのマスクデザインは超神ネイガーの制作を手掛けた海老名保。浪速伝説トライオー フレッシュアイペディアより)

  • ローカルヒーロー

    ローカルヒーローから見た超神ネイガー超神ネイガー

    しかし、晩婚化した団塊ジュニアが親世代となった1990年代末からは、子供だけではなく親世代も楽しめるように工夫されたヒーローものが放送されるようになった。また、ヒーローものを嗜好するおたくが顕在化し、客単価の大きい消費者として注目されるようになった。このようにヒーローの訴求力が子供以外にも広がったこと、インターネットが普及して地方から全国に情報発信することが簡単になったこと、完成度の高い『超神ネイガー』(秋田県、2005年 - )が全国的に話題になったことなどから、ローカルヒーローは新たに地域おこしの手法として用いられる傾向が生まれ、ご当地グルメ、ご当地アイドル、ご当地キャラ(ゆるキャラ)などと共に「ご当地ヒーロー」との呼称も用いられるようになり、地域密着と全国への情報発信の装置の1つとなった。ローカルヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • 海老名保

    海老名保から見た超神ネイガー超神ネイガー

    記憶が飛ぶなど、後遺症も現れたため、1997年、故郷に帰りフィットネスジムを経営。ヒーロー好きが高じ、当時から樹脂マスクなどを見よう見まねで作っていた噂が広がり、2003年、幼なじみである高橋大とともにご当地ヒーロー「ネイガー・プロジェクト」=超神ネイガーを立ち上げ、2005年に大ブレイク。秋田県を周り超神ネイガーのショー公演を行う。海老名保 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガー(2007年(平成19年)、ABS(秋田放送)ローソン提供のミニ番組)秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • ネイガー

    ネイガーから見た超神ネイガー超神ネイガー

    ネイガー フレッシュアイペディアより)

  • ごしゃぐ

    ごしゃぐから見た超神ネイガー超神ネイガー

    秋田県のローカルヒーロー「超神ネイガー」の変身時のかけ声は「豪石(ごうしゃく)!」。このかけ声は、秋田弁の「ごしゃぐ」を元に神の力を借りるという「剛借」、また、自身の強さを測るという「強尺」の意味もあるとされている。ネイガーのみならず、ジオン、アラゲ丸、ネイガー・マイなどのヒーローや悪役も、変身の際には「豪石」とかけ声をかけている。ごしゃぐ フレッシュアイペディアより)

  • 琉神マブヤー

    琉神マブヤーから見た超神ネイガー超神ネイガー

    沖縄県の観光土産業者である南西産業が、ご当地キティのような女の子向けの土産物があるにも関わらず、男の子向けの土産物があまりない点に着目し、当初「美ら海戦隊ウチナーンジャー」というキャラクターを考案したが「○○戦隊」や「○○ジャー」という表記が商標権に触れるといった問題があったことから「どこからも文句がつかない沖縄のキャラクターが必要」として企画されたキャラクターが「琉神マブヤー」である。企画には秋田県で大ヒットしたローカルヒーロー「超神ネイガー」のスタッフも参画し「琉神マブヤー」をはじめ「ハブデービル」などのキャラクターを誕生させた。また商品化だけではなく、実体化し、イベントのプロジェクトも進められた。ショーの企画には沖縄のコメディアン玉城満や作家の仲村清司、岩次郎役の新垣正弘も参加している。テレビ番組では単なるローカルヒーローの話だけではなく、子供たちに沖縄の言葉や文化、歴史を伝えていく試みも盛り込まれている。番組プロデューサーの古谷野裕一によると「わからない単語が出てくれば、親が教えてあげる。また最近のお母さんの中にはその方言そのものもわからないかも知れないので、そのときにおじいさん、おばあさんに聞くなど、家族間での沖縄文化の一端を語り合うコミュニケーションの場ができれば理想」として台詞の中に出てくるウチナーグチには、あえて解説はつけていないそうだ。その一方で公式Webサイトには「用語解説」として番組内でよく使われるウチナーグチの解説コーナーが開設されている。2008年10月現在、マブヤープロジェクトには、ロイヤリティ契約企業13社、協力企業14社、参画企業12社が参加している。琉神マブヤー フレッシュアイペディアより)

  • 琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ

    琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイから見た超神ネイガー超神ネイガー

    2008年より沖縄で放送されているローカルヒーローの特撮テレビドラマシリーズ『琉神マブヤー』のキャラクターとその世界観を映画化した作品。物語は、沖縄・琉球の誇り、文化、自然などを題材に成されている。出演陣は沖縄ゆかりの俳優・タレントで組まれており、主人公の琉神マブヤーを山田親太朗、もうひとりのヒーロー龍神ガナシーをISSAが、宿敵のハブデービルをガレッジセールのゴリなどが出演。監督は佐野智樹。第31回ハワイ国際映画祭(2011年10月)にてワールドプレミア上映された。また、映画公開を記念し『週刊少年チャンピオン』でコミック連載も開始されている。秋田県のローカルヒーローの超神ネイガーも登場する。琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示