前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
223件中 1 - 10件表示
  • 諏訪大社

    諏訪大社から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖周辺4か所にある神社。式内社(名神大社)、信濃国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「梶の葉」。諏訪大社 フレッシュアイペディアより)

  • 愛の疾走

    愛の疾走から見た諏訪湖諏訪湖

    『愛の疾走』(あいのしっそう)は、三島由紀夫の長編小説。諏訪湖で漁夫をしている貧しい素朴な青年と、湖の向うに建つ最先端の近代的なカメラ工場で働く清純な娘が、様々な障害を乗り越えて愛を育ててゆく純愛物語。この若い2人に恋をさせ、小説にしようと企む男と、その策略を知った妻や主人公たちとが複雑に絡み合う巧みな劇中劇の娯楽的な趣の中にも、日本の小村の伝統的な暮らしや祭の風物を背景に、産業進歩に伴って失われてゆく湖の自然が描かれ、輝かしい近代化の先の未来が光ばかりだけではないことが暗示されている。娯楽的な作品ではあるが、その中に三島の文学観や人生観も盛り込まれており一風変わった趣となっている。愛の疾走 フレッシュアイペディアより)

  • 浜名湖ロマン

    浜名湖ロマンから見た諏訪湖諏訪湖

    まずはその線上の水辺には、伊豆半島の神々が集まる島として有名な神津島、諏訪湖の諏訪大社、琵琶湖の竹生島の都久夫須麻神社が現れた。浜名湖ロマン フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪地域

    諏訪地域から見た諏訪湖諏訪湖

    湖沼:諏訪湖、白樺湖、 蓼科湖、 鏡湖諏訪地域 フレッシュアイペディアより)

  • 下諏訪町

    下諏訪町から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖や八島ヶ原湿原、下諏訪温泉、諏訪大社などがある観光地かつ鳥居前町。かつては中山道、甲州街道が分岐する宿場として栄えていた。下諏訪町 フレッシュアイペディアより)

  • 甲信地方

    甲信地方から見た諏訪湖諏訪湖

    糸魚川静岡構造線(糸静線)が縦断し、諏訪湖から南に中央構造線が走る。糸静線沿いに上高地や安曇野、赤石山脈(南アルプス)が位置する。甲信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 上諏訪駅

    上諏訪駅から見た諏訪湖諏訪湖

    東京方面から来た場合、山岳地帯を走り終え、眼下に諏訪湖を眺められるようになると当駅に到着する。諏訪湖観光はもとより、霧ヶ峰高原・高島城の最寄り駅ともなっており、また駅周辺には上諏訪温泉が湧出し温泉宿が軒を連ねることから、多くの観光客が訪れる。当駅の1番線ホームにも足湯があり、列車を眺めながら浸かることができる(後述)。毎年夏には諏訪湖畔で諏訪湖祭湖上花火大会・全国新作花火競技大会が行われ、当日は臨時改札口も設けられ多くの人で混雑する。このように多くの観光の拠点となっていることから、特急「あずさ」・「スーパーあずさ」、臨時で延長される「かいじ」、また臨時特急「はまかいじ」、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線から直通する普通列車など、当駅を経由するすべての旅客列車が停車する。上諏訪駅 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪市

    諏訪市から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖に隣接する工業都市であるとともに、諏訪湖や上諏訪温泉、諏訪大社の上社(本宮)、霧ヶ峰高原を抱える観光都市でもある。セイコーエプソンの本社および基幹部門、タケヤ味噌の竹屋の本社がある。諏訪市 フレッシュアイペディアより)

  • 八坂刀売神

    八坂刀売神から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の御神渡は、上社に祀られている建御名方神が下社の八坂刀売神の下を訪れる際にできたものであるという伝説がある。八坂刀売神 フレッシュアイペディアより)

  • 東海甲信地方

    東海甲信地方から見た諏訪湖諏訪湖

    糸魚川静岡構造線(糸静線)が長野県と山梨県、静岡県を通り、諏訪湖から南に中央構造線が走る。糸静線沿いに上高地や安曇野、飛騨山脈(北アルプス)、赤石山脈(南アルプス)が位置する。東海甲信地方 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
223件中 1 - 10件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード