前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • AGM-88 (ミサイル)

    AGM-88 (ミサイル)から見た誤爆誤爆

    AARGM(Advanced Anti-Radiation Guided Missile, 先進対電波源誘導ミサイル)は、フェイズ3 SBIR(Small Business Innovative Research)プログラムに基づいて開発されているデュアル・シーカー対レーダーミサイルである。電波源からの電波が停止された場合の精密誘導、および濃密な電波環境における想定外の目標への着弾を減らすことを最大の目的としているが、友軍への誤爆を減らすことも重要な要求である。ソビエト連邦から分離独立したバルト三国や旧ワルシャワ条約機構加盟国などの東欧諸国がNATOに加盟したことにより多国籍軍が展開する場合に想定される戦時環境が大きく変化し、それらの国々がソビエト製の装備を使用している関係上、友軍と敵軍のレーダーを単純に区別することが難しくなった。このことにより友軍への誤爆の危険が高まったため、より高精度の攻撃能力が求められるようになった。AGM-88 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • RQ-1 プレデター

    RQ-1 プレデターから見た誤爆誤爆

    問題点としては、誤爆や巻き添えによる民間人の犠牲者が多いことが挙げられる。これは無人機操縦員の誤認や地上部隊の誤報、ヘルファイアミサイルの威力が大きすぎることなどが原因となっている。ヘルファイアミサイルの問題に関してはより小型で精密なスコーピオンミサイルを採用して対処することになっている。RQ-1 プレデター フレッシュアイペディアより)

  • 無人航空機

    無人航空機から見た誤爆誤爆

    近年、攻撃能力を持つ無人機がアフガニスタンとパキスタンでのターリバーン、アルカーイダ攻撃に参加しており、2009年8月にパキスタン・ターリバーン運動のバイトゥッラー・マフスード司令官を殺害しているが、誤爆や巻き添えによる民間人の犠牲者が多いことが問題となっている。これは、無人機操縦員の誤認や地上部隊の誤報、ヘルファイアミサイルの威力が大きすぎることなどが原因となっている。ヘルファイアミサイルの問題に関しては、より小型で精密なスコーピオンミサイルを採用して対処することになっている。無人航空機 フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘技術

    戦闘技術から見た誤爆誤爆

    それらの処理手順は事前に検討されている事が望ましい。歩兵部隊からの要請に応じて緊急で実施する事もあるが、緊急の火力支援は情報面での錯綜から正確性の維持が非常に難しく、誤爆の危険性も高い。戦闘技術 フレッシュアイペディアより)

  • W69 (核弾頭)

    W69 (核弾頭)から見た誤爆誤爆

    1970年代前半に開発され、1971年10月-1976年8月にかけて生産された。生産数は1,500発。老朽化や古い設計のため誤作動・誤爆の危険性が考えられ、1990年より退役が検討されてきたが、冷戦の終結とともにSRAMは退役し、W69の配備も1994年までに終了した。W69 (核弾頭) フレッシュアイペディアより)

  • カルタゴ作戦

    カルタゴ作戦から見た誤爆誤爆

    デンマークで活動しているレジスタンスの救出(最悪でもイギリス空軍の爆弾によって殺されることを望んでいたと言われている)を目的とし、イギリス第140航空団のモスキートにより、コペンハーゲンのシェルハウスにあったゲシュタポ司令部を攻撃。18名のレジスタンスがこれによって脱出したものの8名のレジスタンスと55名のゲシュタポ職員・47名のデンマーク人雇員、更に誤爆によって近所の寄宿学校の生徒86名を含む125名の民間人が犠牲となった。カルタゴ作戦 フレッシュアイペディアより)

  • スティングレイ (潜水艦)

    スティングレイ (潜水艦)から見た誤爆誤爆

    8月23日、スティングレイは9回目の哨戒でアドミラルティ諸島方面に向かった。8月31日、スティングレイはの地点で友軍機の誤爆で4発の爆弾を投下されて少なからぬ損傷を被り、スティングレイは浮上して修理することを強いられた。この哨戒を通じて、敵艦との接触はなかった。10月10日、スティングレイは50日間の行動を終えて真珠湾に帰投。続いてオーバーホールのためメア・アイランド海軍造船所に回航された。オーバーホール中に、艦長がサム・C・ルーミス・ジュニア少佐(アナポリス1935年組)に代わった。スティングレイ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • グレイリング (SS-209)

    グレイリング (SS-209)から見た誤爆誤爆

    この頃、日本海軍がミッドウェー島目指して進撃しており、これを全力で阻止すべく行動可能な艦船は日本艦隊を迎え撃つべく出撃。グレイリングも第7.1任務群に加わって、ミッドウェー島西方に割り振られた海域に急いだ。グレイリングは日本艦隊の行動に関する情報を提供したが、その一方でB-17に日本の巡洋艦と間違えられて誤爆を受けた。グレイリングは潜航して同士討ちを避けた。ミッドウェー海戦終了後、グレイリングは15日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。グレイリング (SS-209) フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンファイア (迫撃砲)

    ドラゴンファイア (迫撃砲)から見た誤爆誤爆

    強化された射撃管制装置はアメリカ軍の他のシステムと完全に互換性があり、友軍誤爆のリスクを減らすのに役だっている。ドラゴンファイア (迫撃砲) フレッシュアイペディアより)

  • 近接航空支援

    近接航空支援から見た誤爆誤爆

    火力支援という性格上、最前線で活動する味方地上部隊との綿密な調整と、攻撃機に対する厳格な統制が必要とされる。これは、射爆撃の効果を最大化するとともに、誤爆を防ぐためのものである。近接航空支援 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「誤射・誤爆」のニューストピックワード