前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示
  • 古畑任三郎

    古畑任三郎から見た肖像権肖像権

    ジャニーズ事務所が肖像権の管理に厳しい関係回。古畑任三郎 フレッシュアイペディアより)

  • フォロースルー

    フォロースルーから見た肖像権肖像権

    株式会社フォロースルーは、プロゴルファーのエージェント業務、肖像権の管理、メディア調整、コンテンツの企画・開発などの総合的マネジメントからジュニア向けのスポーツイベント企画・運営まで手がける日本のスポーツマネジメント会社である。フォロースルー フレッシュアイペディアより)

  • CRぱちんこ必殺仕事人III

    CRぱちんこ必殺仕事人IIIから見た肖像権肖像権

    著作権・肖像権の絡みから実写やラウンド時の映像や曲が省略されている。CRぱちんこ必殺仕事人III フレッシュアイペディアより)

  • 京都府学連事件

    京都府学連事件から見た肖像権肖像権

    京都府学連事件(きょうとふがくれんじけん)は、主として、犯罪捜査としての写真撮影の適法性・合憲性が問題とされ、それぞれ適法・合憲と判断された、日本の最高裁判所による判決の通称。公務執行妨害罪及び傷害罪に問われた被告人が捜査の違法性を争ったが、捜査は適法とされ、公訴事実それ自体についても有罪とされた。肖像権を初めて認めた事例としても知られる。京都府学連事件 フレッシュアイペディアより)

  • 知的財産権

    知的財産権から見た肖像権肖像権

    肖像権(人格権):肖像が持ちうる、人格権にかかわる権利(憲法第13条・民法第710条)。知的財産権 フレッシュアイペディアより)

  • カメラ小僧

    カメラ小僧から見た肖像権肖像権

    ただし、デジタルカメラやインターネットの普及によって、撮影したコンパニオンの写真をネットなどで公開する人もいるが、撮影したコンパニオンの写真の肖像権はコンパニオン本人と所属事務所に帰属するため、インターネット等による公開には事務所の許可が必要であるとされる。イベント内容やコンパニオンによっては自由な公開を許可している場合もある。カメラ小僧 フレッシュアイペディアより)

  • 盗撮

    盗撮から見た肖像権肖像権

    法廷に提出するための証拠写真として「盗撮」を使用した場合、刑事法廷では違法収集証拠排除法則により証拠能力が否定される。一方で監視カメラなど「犯罪が発生する相当高度の蓋然性が認められる場合」において、被撮影者の許諾なく、あらかじめ証拠保全の手段・方法をとっておく必要性があり、社会通念に照らして相当と認められる方法で行われる場合、証拠能力は認められるとするのが判例の立場である(山谷監視カメラ事件)。盗撮 フレッシュアイペディアより)

  • アイドルコラージュ

    アイドルコラージュから見た肖像権肖像権

    日本では、1990年代より流行した。芸能人(アイドル)の画像を加工してアイコラ画像としてネット上などで公開する行為は、著作権・肖像権の侵害のほか、アイドル自身に対するイメージを損なうとして業務妨害にあたる可能性もある。アメリカとは違い、アイコラ作品そのものよりも、アイコラに使用される人物の肖像権が重要視され、当人および当人の肖像権を管理する芸能事務所が権利の侵害を主張することが多い。アイドルコラージュ フレッシュアイペディアより)

  • 区域外再放送

    区域外再放送から見た肖像権肖像権

    当初、区域外再送信は地上アナログテレビジョン放送(一部ではラジオ放送についても行われている)が中心で、日本民間放送連盟(民放連)が地上デジタルテレビジョン放送ではデジタルコンテンツ等の番組著作権保護・番組出演者の肖像権保護・地上波放送の根幹である地域免許制度と相容れないことなどから、区域外再送信を全面的に認めない方針を打ち出していた。一方、日本放送協会(NHK)は総合テレビ・Eテレは区域外再放送については区域内再放送が担保された上で特別な地域事情がある場合に限り同意することがあるとしている。区域外再放送 フレッシュアイペディアより)

  • 徹子の部屋

    徹子の部屋から見た肖像権肖像権

    ちなみに理由は不明だが、絵画のうち、1990年頃まで15年近く取り付けてあったマリー・ローランサンの絵画は肖像権の関係か再放送(地上波・テレ朝チャンネル・BS朝日全て)や総集編の際には必ずモザイク処理がかけられている。徹子の部屋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示

「肖像権」のニューストピックワード