米ビッグ3 ニュース&Wiki etc.

ビッグスリー、ビッグ3(Big three, Big 3)は、ある分野のうち頂点の、あるいは代表的なライバル関係である3者を総称していう語である。類義語として「御三家」「三巨頭」「三本柱」「三羽烏」「三強」がある。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ビッグスリー」のつながり調べ

  • ラシード・ウォーレス

    ラシード・ウォーレスから見たビッグスリー

    2008-09シーズン後、FAとなったウォーレスは2009年7月、ボストン・セルティックスへ移籍した。この時、ウォーレス獲得のために、セルティックスのBIG3(ポール・ピアース、レイ・アレン、ケビン・ガーネット)とドック・リバースHCが直接ノースカロライナ州にあるウォーレスの自宅に赴いて説得を行ったと言われている。セルティックスでは、シックスマンとしてガーネットやケンドリック・パーキンスのインサイド陣を支え、その年のNBAファイナル出場に貢献した。ファイナルではロサンゼルス・レイカーズと対戦。ゲーム7では、ゲーム6で負傷退場したパーキンスの代わりに先発出場して奮闘したが、アンドリュー・バイナムとパウ・ガソルの "ツインタワー" を止めることは出来ず、3勝4敗で力尽きた。(ラシード・ウォーレス フレッシュアイペディアより)

  • チャド・ゴダーン

    チャド・ゴダーンから見たビッグスリー

    は、エステバン・ロアイザの故障に伴い先発投手として開幕を迎えた。先発ローテションに定着し、リーグ最多タイの34試合に先発。ダン・ヘイレン、ジョー・ブラントンと共にティム・ハドソン、マーク・マルダー、バリー・ジトに代わる新たなビッグスリーを形成。(チャド・ゴダーン フレッシュアイペディアより)

「ビッグスリー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「米ビッグ3」のニューストピックワード