立川談志 ニュース&Wiki etc.

7代目(ただし自称5代目)立川 談志(たてかわ だんし、1936年〈昭和11年〉1月2日 - 2011年〈平成23年〉11月21日)は、東京府小石川区(現:東京都文京区)出身の落語家。落語立川流家元。本名、松岡 克由(まつおか かつよし)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「立川談志」のつながり調べ

  • 柳家小袁治

    柳家小袁治から見た立川談志

    師匠に破門された兄弟子の立川談志とも、懇意にしていた。実家の電器屋の顧客だったという。「金を払ってもらった記憶はないけどね。」(柳家小袁治 フレッシュアイペディアより)

  • 木村松太郎

    木村松太郎から見た立川談志

    挽物師の息子に生まれ、小学校3年を修了すると日本橋の雑貨商に奉公し、使いの行き帰りに聞こえてきた吉田奈良丸や桃中軒雲右衛門のレコードの声を聞き、浪曲に惹き込まれる。1913年(大正2年)、15歳の時に初代木村重松に弟子入りし「咲松」から大正7年に「松太郎」。大正9年に兵役に服し、2年で除隊。1924年(大正13年)に新宿末廣亭で看板披露。新内・清元を駆使した関東節で寄席での人気を集め、「芝浜の皮財布」「国定忠治」「子はかすがい」などを得意とした。端物は「鼠小僧」「祐天吉松」「小政」「国定」「小猿七之助」。重松節を小味にして、適当に関西節を加え、小さいがまとまった行儀のいい芸であった。他に得意は師匠ゆずりの「慶安太平記」「豊川利生記」に金襖では「太閤記槍試合」「義士楠屋勢揃い」。1965年(昭和40年)、浪曲生活50年を区切りに引退していた。が5年後、立川談志の願いを聞いて三味線無しの浪曲漫談を目黒演芸場で演じたところ、それを聞きつけた昔のファンが「松太郎を奇行会(聴こうかい)」を結成、76歳で舞台復帰。1984年(昭和59年)まで関西の広沢瓢右衛門と二人会を開いていた(木馬亭など)。門下に、教師から近年復帰し、現在唯一の木村派となった木村勝千代。(木村松太郎 フレッシュアイペディアより)

「立川談志」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「立川談志」のニューストピックワード