前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
274件中 1 - 10件表示
  • 神原薬業

    神原薬業から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    昭和30年頃 田辺製薬(医薬品)主力の「井上薬局・卸部門」を併合し田辺製薬(医家用医薬品)と取引開始神原薬業 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    薬害肝炎(やくがいかんえん)とは、血液凝固因子製剤(フィブリノゲン製剤、非加熱第IX因子製剤、非加熱第VIII因子製剤)の投与によるC型肝炎(非A非B型肝炎)の感染被害のこと。製薬会社「田辺三菱製薬」は、フィブリノゲン製剤の推定投与数は約29万人であり、推定肝炎感染数1万人以上と試算している。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 峯崎薬品

    峯崎薬品から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    終戦後の大阪地区の医薬品卸業者は塩野義製薬系「大阪薬品」、武田薬品系「厚和薬品」、稲畑産業系の「重松本店」、田辺製薬系の「峯崎薬品」、藤沢薬品系の「扇薬品」中外製薬系「新王薬品」、三共系の「関西薬品」、エーザイ系の「日本商事」、田辺製薬系「田辺薬品」、大衆薬では「岩城薬品(イワキ)」「中村滝商店・大坂支店」等が市場のシェアを奪い合っていた。峯崎薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 太田薬品 (福島県)

    太田薬品 (福島県)から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    太田薬品株式会社(おおたやくひん)は、福島県郡山市安積1-85に本社を置く主に医薬品・医療機器の卸売りを扱う企業であった。田辺製薬系医薬品卸。現在は、共創未来グループの一社「東邦薬品」である。太田薬品 (福島県) フレッシュアイペディアより)

  • 吉村薬品

    吉村薬品から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    1949年(昭和24年) - 「峯崎薬品」(後の「田辺峯崎株式会社」)(大阪府)が、別府市に進出し「田辺製薬」の製品を主力として大分県の薬品乱売が勃発。吉村薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 血管拡張薬

    血管拡張薬から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    ヘルベッサー・R(田辺三菱製薬:一般名ジルチアゼム塩酸塩)血管拡張薬 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神工業地帯

    阪神工業地帯から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    医薬:ロート製薬本社工場、参天製薬本社工場、三共大阪工場、武田薬品工業大阪工場、塩野義製薬大阪工場、田辺三菱製薬加島事業所、小林製薬大阪工場など阪神工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • エーメイ

    エーメイから見た田辺製薬田辺三菱製薬

    エーメイ株式会社は、かつて大阪府大阪市阿倍野区相生通二丁目12番10号に本社を置いていた、主に医薬品・医療機器の卸売りを扱う企業であった。田辺製薬系医薬品卸。 現在は、「共創未来グループ」「株式会社葦の会」の一社「東邦薬品」であるエーメイ フレッシュアイペディアより)

  • 中村滝商店

    中村滝商店から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    薬種商としては、江戸時代から続く老舗であり、明治・大正・昭和初期にかけては「大木」「茂木薬品商会」「岩城市太郎商店」「小西新兵衛商店(武田長兵衛商店・東日本代理店 中外新薬商会・代理店)」「鳥居商店(三共関東総代理店)」「田辺元三郎商店(田辺五兵衛商店東日本総代理店)」「浅川商店」「山口吉兵衛商店」「大羽商店」「藤田商店」と並ぶ企業であった。中村滝商店 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シエーリング

    日本シエーリングから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    1912年 田邊五兵衛商店(延宝6年(1678年)創業、現在は田辺三菱製薬)と神経痛・リウマチ治療剤アトファン錠の代理店契約締結。その後、田邊五兵衛商店はシエーリング製品のほとんどを一手販売することとなる日本シエーリング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
274件中 1 - 10件表示

「田辺三菱製薬」のニューストピックワード