熊本中南部のできごと ニュース&Wiki etc.

八代市(やつしろし)は、熊本県南の中心的な市で、県下第2の人口を有する田園工業都市。日本三大急流の一つである球磨川が分流して不知火海に注ぐ三角州地帯の北岸に市街地がある。江戸時代には、熊本藩主細川氏の筆頭家老松井氏の城下町として栄えた。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「八代市」のつながり調べ

  • 八丁山トンネル

    八丁山トンネルから見た八代市

    八丁山トンネル(はっちょうざんトンネル)は、熊本県八代市の九州自動車道のトンネル。(八丁山トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 川口虎雄

    川口虎雄から見た八代市

    1895年熊本県技手、翌1896年技師となり、国の重要文化財に2004年に指定された旧郡築新地甲号樋門(郡築三番町樋門、熊本県八代市)などを設計している。1900年第五高等学校教授・工学部土木科主任に就任。1905年から2年間アメリカ、フランスに留学してコロンビア大学等で学び、1906年官制改革により第五高等学校工学部から改称された熊本高等工業学校の教授となる。土木工学科長を経て、1911年熊本高等工業学校第2代校長に就任する。(川口虎雄 フレッシュアイペディアより)

「八代市」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「熊本中南部のできごと」
地図情報

「熊本中南部のできごと」のニューストピックワード