温室効果ガス ニュース&Wiki etc.

温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「温室効果ガス」のつながり調べ

  • 窒素酸化物

    窒素酸化物から見た温室効果ガス

    また、一酸化二窒素(N2O、亜酸化窒素)は二酸化炭素の310倍の温室効果がある。(窒素酸化物 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力発電

    原子力発電から見た温室効果ガス

    イギリスは西側世界で最初に商用の原子力発電を開始した国であり、1990年代後半には発電電力量の1/4を原子力がまかなっていた。チェルノブイリ原子力発電所事故後、原子力開発は停滞し、プラントの老朽化・閉鎖に伴い発電シェアは低下を続けていた。2000年代に入って北海油田の枯渇や地球環境問題への対処から原子力を見直す機運が高まり、温室効果ガスの削減目標(2050年に1990年比で80%削減)に合わせて、2008年の原子力白書において原子力を積極的に推進する方針が明確に打ち出された。低炭素エネルギーの導入促進のための差額補填契約 (CfD) による補助の対象に原子力も入れることで、新規建設を進めようとしている。2013年には英国内で原子力発電所の建設を目指すフランス電力と英国政府の間でCfDの合意・契約がなされ、欧州委員会の承認のもと、新規建設が進められようとしている。(原子力発電 フレッシュアイペディアより)

「温室効果ガス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「温室効果ガス」のニューストピックワード

  • 2020(トゥエンティー・トゥエンティー)

  • 村上信五の週刊!関ジャニ通信

  • 試合数を増やし、何とか男子ツアーを活性化させたい