前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
858件中 1 - 10件表示
  • Alliance of Valiant Arms

    Alliance of Valiant Armsから見た銃

    敵はBOTだが、掃討戦とは違いを携帯してはいないものの、銃器の代わりにナイフや配膳トレイ、斧などで武装して襲いかかってくる。服の色によって持つ武器や特徴が違い、中には「足が速い」や「腕力が高い」などの特徴を持った捕虜もいる、敵を倒すと時々体力回復用のスティムパックや弾丸補充アイテムを落とすが、一定時間経過すると消滅する。ある一定の時間ごとに捕虜がリスポーンするため、あるタイミングで大量発生する場合がある。Alliance of Valiant Arms フレッシュアイペディアより)

  • グロック17

    グロック17から見た銃

    グロック17(Glock 17)は、オーストリアの銃器メーカーであるグロック社が開発した自動拳銃。口径は9mm(9x19mmパラベラム弾)。装弾数は複列弾倉(ダブルカラム・マガジン)による17+1発。グロック17 フレッシュアイペディアより)

  • サプレッサー

    サプレッサーから見た銃

    サプレッサー(:“抑制するもの”、“抑制器”の意)は、の発射音と閃光を軽減するために銃身の先端に取り付ける筒状の装置の総称。サプレッサー フレッシュアイペディアより)

  • 照準器

    照準器から見た銃

    照準器(しょうじゅんき、英:sight)は、・火砲などの射出式武器・兵器の狙い(照準)を定めるための装置。照準器は射手との接点のため、命中率を大きく左右する要素である。照準具(しょうじゅんぐ)、サイト(sight)などとも。照準器 フレッシュアイペディアより)

  • 実包

    実包から見た銃

    猟銃用の実包は、かつては消費者自身が製作するもの(リロード弾)がほとんどであったが、現在では工場で生産されたものを購入して使用されることが多くなった。このような既成の実包はファクトリーロードとも呼ばれる。ファクトリーロードは良くも悪くも工業製品のため、の性質や威力を加味した実包を作るにはリロードが欠かせないものと言われる。実包 フレッシュアイペディアより)

  • 捧げ銃

    捧げ銃から見た銃

    捧げ銃(ささげつつ、)は、を用いた敬礼の一種。「ささげじゅう」ではなく「ささげつつ」と読む。捧げ銃 フレッシュアイペディアより)

  • ラドムVIS wz1935

    ラドムVIS wz1935から見た銃

    ポーランドは、ドイツとロシア(のちソビエト連邦)に挟まれていたため、幾度も国土・国家主権が失われる危機を迎え、翻弄された歴史を持つ。ラドムVISもまた、歴史に翻弄されたであり、当初はポーランド軍用として生産されたが、後のドイツ占領後はドイツ軍向け拳銃として生産された。生産期間は短期間に留まっている。ラドムVIS wz1935 フレッシュアイペディアより)

  • 弾倉

    弾倉から見た銃

    外付けのもの(脱着式)と、に内蔵されているもの(固定式)がある。前者は半自動式拳銃(セミ・オートマチック・ピストル)や自動小銃・軽機関銃に、後者はボルトアクション方式など手動小銃や回転式拳銃(リボルバー)でよく見られる。改造品や模造品、また、正規品であったとしても"仕様"として極稀にオートマチック式で固定式の物もあれば、回転式で脱着できるものもあるため、一概には言えない。弾倉 フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵

    歩兵から見た銃

    騎士文化を過去の物とした長弓は、より貫通力・殺傷力の高いマスケット銃が登場した後も、射程・命中率・攻撃力の集中・発射速度の点で優れていたことから並行して数百年の間使用されつづけた。しかし長弓は効果的に使うためには非常な熟練を要する武器であり、実戦で戦えるまで訓練するのには長い時間がかかった。このような欠点とは反対に、テルシオ隊形や三兵戦術の研究が進み、また数週間から数ヶ月訓練した多数の人員と豊富な資金とや火薬の製造所さえあれば編制可能なマスケット銃兵の部隊が用いられるようになった。また近世より産業化が進行し、田園的な貴族制は廃れて、都市に人と富が集中したことが、訓練は十分ではないものの大規模な歩兵部隊の迅速な招集を可能にした。歩兵 フレッシュアイペディアより)

  • ホルスター

    ホルスターから見た銃

    日本では拳銃嚢(けんじゅうのう)とも称される。ホルスターは、内部に拳銃を収めて携行するという、刀における鞘と同じ機能を持つ。普段は確実にを保持し、使用時には素早く銃を抜けることが要求される。材質は、古くから一般的である革製のものや、現代ではナイロン製や樹脂成形のほか、ゴム引き製や布製のものなどがあり、体に着ける位置によってヒップホルスター、ショルダーホルスター、レッグホルスターなどがある。変わったところでは、ホルスターをそのままストックとして取り付けられるものもある(スチェッキンなど)。ホルスター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
858件中 1 - 10件表示

「海外の銃撃戦」のニューストピックワード