69件中 51 - 60件表示
  • 小説 野性時代

    小説 野性時代から見た海堂尊海堂尊

    海堂尊 『モルフェウスの領域』『輝天炎上』小説 野性時代 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタシリーズ

    チーム・バチスタシリーズから見た海堂尊海堂尊

    『チーム・バチスタシリーズ』とは、海堂尊によるミステリー小説シリーズ『田口・白鳥シリーズ』の別呼称であり、同シリーズを原作としたフジテレビ系列関西テレビ制作・火曜22:00枠放送のテレビドラマ、ならびにテレビドラマの劇場版として東宝配給にて公開された映画のシリーズ。全作品を関西テレビ放送(KTV・カンテレ)とメディアミックス・ジャパン(MMJ)が制作した。主演は伊藤淳史。本項では主に後者の映像化作品群について記述する。チーム・バチスタシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 中山七里 (小説家)

    中山七里 (小説家)から見た海堂尊海堂尊

    脇役と主役が入れ替わるなどして作品ごとに主人公は異なるものの、ほとんどの作品で出版社の枠を超えて話や世界観、登場人物がリンクしている。これについて本人は、「本格派の方たちとは違って“犯人は誰か”(フーダニット)や“どのようにやったのか”(ハウダニット)という謎だけで最後まで楽しませる自信がないから」「付加価値としてより読者に楽しんでもらうため」と話しており、自身の作品はそれよりも動機である何故の部分(ホワイダニット)に重心を置いて執筆している。背景世界がひとつにつながるという作風は海堂尊の桜宮サーガに通じるものがあるが、それについては海堂本人に「すみません、ちょっとやり方を真似させてもらいました」と言ったところ「いや、私は東野圭吾さんの真似をしたから(笑)」と返されたというエピソードがある。また、ミステリ=驚きの文学であるという思いから、最後の数ページで世界観ががらりと変わるどんでん返しが仕掛けられていることが多く、いつからか「どんでん返しの帝王」などと呼ばれるようになった。登場人物に関しては何かが欠けている人物を描くことが多く、複数の作品に登場する古手川和也に関しては“成長するキャラクター”として描き続けたいと話している。また、まだ誰にも気づかれていないが登場人物の名前には共通点があるのだという。中山七里 (小説家) フレッシュアイペディアより)

  • 5月27日

    5月27日から見た海堂尊海堂尊

    2009年 - 元警察庁刑事局局長の北山錠一郎が、東城大学医学部付属病院地下1階の画像診断ユニットで射殺される。(海堂尊『アリアドネの弾丸』)5月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 螺鈿迷宮

    螺鈿迷宮から見た海堂尊海堂尊

    『螺鈿迷宮』(らでんめいきゅう)は、2006年に角川書店から刊行された海堂尊の長編小説。2013年に文庫化されている。螺鈿迷宮 フレッシュアイペディアより)

  • 草 (松本清張)

    草 (松本清張)から見た海堂尊海堂尊

    海堂尊は題名が地味すぎるのが唯一の不満であるとしている。草 (松本清張) フレッシュアイペディアより)

  • アリアドネの弾丸

    アリアドネの弾丸から見た海堂尊海堂尊

    『アリアドネの弾丸』(アリアドネのだんがん)は、2010年に宝島社から刊行された海堂尊の長編小説、およびそれを原作としたテレビドラマである。アリアドネの弾丸 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾維新

    西尾維新から見た海堂尊海堂尊

    海堂尊『ブレイズメス1990』(講談社文庫、2012年5月、ISBN 978-4-06-277247-1)西尾維新 フレッシュアイペディアより)

  • 杉江松恋

    杉江松恋から見た海堂尊海堂尊

    海堂尊『モルフェウスの領域』(2013年6月 角川文庫)杉江松恋 フレッシュアイペディアより)

  • 『このミステリーがすごい!』大賞

    『このミステリーがすごい!』大賞から見た海堂尊海堂尊

    【収録作品】安生正『ダイヤモンドダスト』 / 乾緑郎『黒いパンテル』 / 海堂尊『カシオペアのエンドロール』 / 中山七里『残されたセンリツ』『このミステリーがすごい!』大賞 フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「海堂尊」のニューストピックワード