江里口匡史 ニュース&Wiki etc.

江里口 匡史(えりぐち まさし、1988年12月17日 - )は、日本の陸上競技選手で、専門は短距離走。熊本県菊池市出身。熊本県立鹿本高等学校、早稲田大学スポーツ科学部卒業。大阪ガス所属。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「江里口匡史」のつながり調べ

  • 山縣亮太

    山縣亮太から見た江里口匡史

    なお、男子4×100mリレーでは日本チーム(山縣亮太?江里口匡史?高平慎士?飯塚翔太)の第1走を務め、予選を38秒07の全体4番目の記録で通過。決勝では38秒35で4位入賞(USA失格、5位→4位に順位繰上げ)を果たした。(山縣亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 日本記録挑戦会

    日本記録挑戦会から見た江里口匡史

    第1回大会は日本記録が誕生せず、第2回大会では男子60mで江里口匡史が従来の日本最高記録を上回る6秒57をマークするも追い風参考記録(+2.1m/s)となった。第3回大会の男子60mで川面聡大が6秒63の日本最高記録で優勝、2位に入った西垣佳哉も従来の日本最高記録を上回る6秒68をマークし、3大会目にしてついに日本(最高)記録が誕生した。また、日本記録挑戦会では日本(最高)記録に留まらず、第5回大会の男子200mハードルで22秒80のアジア最高タイ記録(大室秀樹)、第6回大会の男子200mハードルでは22秒55の世界最高タイ記録(渡部佳朗)が誕生している。(日本記録挑戦会 フレッシュアイペディアより)

「江里口匡史」のニューストピックワード