前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示
  • COMIC CUE

    COMIC CUEから見た江口寿史江口寿史

    「読み捨てにできない漫画雑誌」を目指し、独自の作風を持つ作家を起用する漫画雑誌。創刊号からVol.3まで、漫画家の江口寿史を責任編集長に迎え、Vol.4以降は、イースト・プレスの堅田浩二が編集長を担当している。Vol.2以降の全ての号で、「特集」と称し、誌面まるごとひとつの決められたテーマに沿った作品を掲載するという編集方針をとる。1994〜1998年は年1回刊、1999年、2000年に年2回刊となり、2001年から年1回刊に戻された。10号目以降は通し番号がVol.100、200と百単位になっている。現在までの最新刊は、2003年に発売されたVol.300で実質休刊状態である。COMIC CUE フレッシュアイペディアより)

  • 狩撫麻礼

    狩撫麻礼から見た江口寿史江口寿史

    一度だけ合作をしたことがある江口寿史の『江口寿史の正直日記』によると、狩撫のマンションに招かれると、冷蔵庫の中はすべてビールであるとか、サンドバッグがあるとかの、「完全に狩撫麻礼的なハードボイルドな部屋」で、圧倒されたという。狩撫麻礼 フレッシュアイペディアより)

  • おたくの星座

    おたくの星座から見た江口寿史江口寿史

    ストーリーを本宮ひろ志、キャラクターデザインを江口寿史が担当した。おたくの星座 フレッシュアイペディアより)

  • まつもと泉

    まつもと泉から見た江口寿史江口寿史

    1980年代当初、硬派・劇画・スポーツ・ギャグを主軸としていたジャンプでは、売り上げの減少を食い止めるために他誌で人気を博していたラブコメと美少女キャラの要素を取り入れる方向で模索していた。ちょうどその路線に合致するまつもとの絵柄を気に入り担当となった高橋とともに、連載に向けてコンセプトや企画の打ち合わせを重ねつつ、原稿が落ちた『ストップ!! ひばりくん!』(江口寿史)の穴埋め短編漫画や懸賞ページのイラストなどを描いていたが、友人は連載デビューまでの年間のギャラが数万円という経済状況に耐えきれず脱落。以降はひとりで活動を続ける。まつもと泉 フレッシュアイペディアより)

  • 山上たつひこ

    山上たつひこから見た江口寿史江口寿史

    山上たつひこ撰集・全5巻(小学館クリエイティブ) 2008年から江口寿史監修、フリースタイルの吉田保編集。山上たつひこ フレッシュアイペディアより)

  • ハイ・ヌーン

    ハイ・ヌーンから見た江口寿史江口寿史

    江口寿史のギャグ漫画作品『すすめ!!パイレーツ』の一エピソード「史上最大の生中継の巻」を原作としている。ハイ・ヌーン フレッシュアイペディアより)

  • 吉祥寺

    吉祥寺から見た江口寿史江口寿史

    江口寿史のなんとかなるでショ!(江口寿史) - 江口は長年、自宅・事務所共に近辺に構えているため、この作品に限らず頻繁に吉祥寺が登場する。吉祥寺 フレッシュアイペディアより)

  • ギャグ漫画

    ギャグ漫画から見た江口寿史江口寿史

    すすめ!!パイレーツ(江口寿史、1977年週刊少年ジャンプ)ギャグ漫画 フレッシュアイペディアより)

  • 漫画アクション

    漫画アクションから見た江口寿史江口寿史

    キャラ者(江口寿史)『Weeklyぴあ』(ぴあ)に移行する。漫画アクション フレッシュアイペディアより)

  • 老人Z

    老人Zから見た江口寿史江口寿史

    大友克洋と江口寿史がコンビを組み、メカニックデザインとキャラクターデザインを担当した。予告編では、全編「文字」・音声は「太鼓の音のみ」・内容は「いいわけ」というものだった。老人Z フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示

「江口寿史」のニューストピックワード