水谷八重子 ニュース&Wiki etc.

水谷 八重子(みずたに やえこ)は、新派女優の名跡の一つ。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「水谷八重子」のつながり調べ

  • 藤野秀夫

    藤野秀夫から見た水谷八重子

    1917年(大正6年)8月、桝本清の紹介で日活向島撮影所に入社。同年公開の『白萩』で主演デビューし、二枚目の立ち役として多くの映画に出演。日活向島のトップスターとして小口忠監督の『七色指環』『不如帰』、田中栄三監督の『桜の園』等の新派映画に主演し、田中監督の革新映画『生ける屍』にも出演する。1922年(大正11年)11月25日、田中監督の『京屋襟店』の完成試写後、衣笠貞之助、横山運平、新井淳、島田嘉七ら12名の所属俳優と共に日活を退社して、国際活映に移籍するが、1923年(大正12年)5月1日には松竹蒲田撮影所に入社する。野村芳亭監督の『萩寺心中』、島津保次郎監督の『蕎麦屋の娘』などに主演、川田芳子や水谷八重子らの相手役を演じて好評を得る。1925年(大正14年)以降は年齢のせいか主演作は少なくなるが、一流監督の作品に起用され、松竹大船撮影所移転後も脇役・老け役で活躍を続けた。1929年(昭和4年)1月8日に井上正夫、岩田祐吉、栗島すみ子、川田芳子、柳さく子とともに大幹部に昇格する。(藤野秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 川口松太郎

    川口松太郎から見た水谷八重子

    八重子抄』中央公論社 1981(川口松太郎 フレッシュアイペディアより)

「水谷八重子」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「水谷八重子」のニューストピックワード