前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • FC東京

    FC東京から見た梶山陽平梶山陽平

    2003年は、原体制2年目。DF金沢浄が加入し、リーグ最小失点を記録。1st、2ndステージ共に優勝戦線に絡み、年間順位4位の成績。また、シーズン初戦だった3月8日のナビスコ杯・横浜FM戦(横浜国際総合競技場)で、FC東京U-18所属の高校生だった梶山陽平がトップチームでの公式戦に初出場した。一方で、天皇杯を最後に、旧JFL時代からチームを牽引し『KING OF TOKYO』として親しまれたFWアマラオが湘南へ移籍した。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • 宮沢正史

    宮沢正史から見た梶山陽平梶山陽平

    2001年にFC東京に入団。加入当初は2列目の選手としてプレーしており、フィジカル面での課題があったことなどからトップでの出場機会が少なかったが、翌2002年に原博実監督が就任すると「(キックの)フォームが誰よりも綺麗」とボランチのレギュラーに抜擢され、同年のJリーグ優秀新人賞を受賞するなど活躍。特にコーナーキックやフリーキックなどセットプレー時に宮沢が蹴るボールはFC東京の得点源となった。また中盤下がり目の位置からの攻撃の第一歩となるロングパス、サイドチェンジの正確なボールを蹴る点も大きな特徴であり、原の目指す両サイドをワイドに使ったサッカーに欠かせない選手に成長した。2004年以降は今野泰幸や梶山陽平の台頭により控えに回ることが多くなっていた。宮沢正史 フレッシュアイペディアより)

  • 眞行寺和彦

    眞行寺和彦から見た梶山陽平梶山陽平

    中学時代はFC東京の下部組織でプレー。同期に梶山陽平、鎌田次郎、斎藤雅也など。眞行寺和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 長澤徹

    長澤徹から見た梶山陽平梶山陽平

    攻撃に秀でるデイビッド・ベッカムが守備に奔走しているシーンを集めたVTRを用意して見させ「守備なんて格好良くない」と思っていた馬場憂太や梶山陽平らの美意識を変えさせた他、福田健二には、エルナン・クレスポがパスを出してくれた選手に感謝しているシーンを見せ、ストライカーも周りがあって活かされていると説いた。長澤徹 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山悠吾

    飯山悠吾から見た梶山陽平梶山陽平

    小学4年生時から東京ガスサッカー部(後のFC東京)の下部組織に加入し、高校卒業までの9年間に渡って所属。同期には呉章銀、梶山陽平、李忠成、鎌田次郎、斎藤雅也、眞行寺和彦ら。飯山悠吾 フレッシュアイペディアより)

  • 呉章銀

    呉章銀から見た梶山陽平梶山陽平

    2001年に訪日しFC東京U-18に入団。同期には梶山陽平、李忠成、鎌田次郎、斎藤雅也。当初は日本語が不自由だったため李が通訳を務めていた。日本の高校に通いつつ、2002年に能力を買われてトップチームに選手登録されると、同年4月のJ1第6節G大阪戦(万博)にて16歳8ヶ月20日でデビュー。後に森本貴幸が更新(15歳10ヶ月6日)するまでの約2年間、J1リーグ最年少出場記録を保持していた。呉章銀 フレッシュアイペディアより)

  • ヘスス・スアレス

    ヘスス・スアレスから見た梶山陽平梶山陽平

    2004年8月に行われたFC東京とデポルティーボ・ラ・コルーニャの試合を観戦したスアレスは、ミドルシュートを叩き込んだ梶山陽平を「ミカエル・ラウドルップのようだ」と絶賛し、「今すぐリーガ・エスパニョーラでプレーできる」と断言した。ヘスス・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • 鎌田次郎

    鎌田次郎から見た梶山陽平梶山陽平

    FC東京の下部組織出身。ユースでのチームメイトの攻撃陣・李忠成や梶山陽平らがトップチームに昇格したのに対して、DFは市立船橋高校から増嶋竜也の獲得が決まったこともあり、昇格が叶わなかった。そこでJFLにも参戦している流通経済大学へ進学し、同大学サッカー部で頭角を現した。同部では主将を務め、関東大学リーグ及び総理大臣杯優勝の原動力となった。鎌田次郎 フレッシュアイペディアより)

  • クレズリー・エバンドロ・ギマラエンス

    クレズリー・エバンドロ・ギマラエンスから見た梶山陽平梶山陽平

    2004年は膝、足首、脹脛と細かな負傷が続き、復帰戦でも退場処分を受けるなど思わぬ不振に見舞われた。シーズン後半から復帰し同年のナビスコカップ優勝にも貢献したが、ケリーの離脱中に抜擢された馬場憂太や梶山陽平が好プレーを続けたことや、クラブ首脳がケリーら外国籍助っ人頼みとなっている状況からの脱皮を試みたことなどの要因が重なり、この年限りで契約を満了。天皇杯敗退後に退団となった。クレズリー・エバンドロ・ギマラエンス フレッシュアイペディアより)

  • 浅利悟

    浅利悟から見た梶山陽平梶山陽平

    2004年8月に右膝半月板損傷による人生初の手術を受け、戦線を離脱。復調してからも今野や梶山陽平らの主力定着によりなかなかレギュラーに復帰できずにいたが、常に試合への準備を怠らず全力で練習に取り組む姿は周囲への模範となっていた。浅利悟 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「梶山陽平」のニューストピックワード