栃煌山雄一郎 ニュース&Wiki etc.

栃煌山 雄一郎(とちおうざん ゆういちろう、1987年3月9日 - )は、高知県安芸市出身(「相撲レファレンス」において須崎市出身とされているのは明徳義塾高校の所在地と混同されたため)で春日野部屋所属の現役大相撲力士。本名は影山 雄一郎(かげやま ゆういちろう)、愛称はカゲ。身長186cm、体重155kg、血液型はA型。… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「栃煌山雄一郎」のつながり調べ

  • 千代鳳祐樹

    千代鳳祐樹から見た栃煌山雄一郎

    中学卒業後、兄と同じ九重部屋に中卒で入門、2008年5月場所で初土俵。勝ち越しが続いていた同11月場所で左膝前十字靱帯断裂の大怪我を負い、2009年5月場所まで休場。休場中の2011年4月2日には実家が火事に見舞われたという知らせを受ける。初め、姉の電話があったときはエイプリールフールのネタだと決めつけていたが、後で友人からメールや現場の写真を受けて事実だと知った。以来、新居と新しい土地(焼けた家のあった土地は崖に近く危険区域に指定されてしまい、使用不能)を購入するために関取として稼ぐ決意を固め、三役昇進時には「土地、新居込みで2千万円。まず半分はオレが準備して、そして残りは兄がチョコチョコとローンを組んで払う予定です」とその計画を語った。復帰した2009年7月場所で勝ち越すと、翌9月場所で序二段優勝を果たした。四股名を大木下から千代鳳に改めたあと、一時三段目で苦しんだが順調に昇進していった。2011年に入り幕下に定着し、同11月場所、2012年1月場所で6勝1敗の優勝同点の成績を収めた。翌3月場所での十両昇進を決め、2006年11月場所の若ノ鵬以来、日本人力士としては同年9月場所の栃煌山以来6年ぶりとなる10代の関取となった。(千代鳳祐樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年9月場所

    大相撲平成24年9月場所から見た栃煌山雄一郎

    ?安は9日目に隠岐の海との全勝対決に敗れて1敗、稀勢の里も同じく1敗で全勝が3人となった。翌10日目には東前頭11枚目の旭天鵬がこの番付なら本来組まれないはずだった大関戦・2敗の鶴竜との取組に敗れて初黒星を喫し、同じく全勝だった横綱白鵬も、東前頭5枚目で3大関休場により急遽対戦が組まれた栃煌山に金星を許して初黒星を喫し、10日目終了時点で全勝が1人、1敗が3人という展開に変化した。(大相撲平成24年9月場所 フレッシュアイペディアより)

「栃煌山雄一郎」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード