前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
92件中 1 - 10件表示
  • ローゼンカバリー

    ローゼンカバリーから見た柴田善臣柴田善臣

    デビュー戦は1月の東京の新馬戦、武豊とのコンビで勝利を収めた。続くつばき賞(500万下)は2着に敗れたが、次の水仙賞(500万下)で1着になった。この水仙賞から4歳の終わりまで柴田善臣が騎乗している。ローゼンカバリー フレッシュアイペディアより)

  • ラスカルスズカ

    ラスカルスズカから見た柴田善臣柴田善臣

    1999年、デビューは遅く、4歳(現3歳)の6月にデビュー戦を迎えた。鞍上は兄のサイレンススズカの主戦騎手だった武豊である。そしてデビュー戦から3連勝で初の重賞となる第47回神戸新聞杯に挑み、2番人気に支持され3着となり、菊花賞への優先出走権を獲得した。迎えた第60回菊花賞では、武豊が同年のダービー馬のアドマイヤベガに騎乗するため蛯名正義に乗り替わりとなったが、アドマイヤベガを上回る3着となった。続いて出走した第19回ジャパンカップでは、蛯名正義が同年のオークス馬のウメノファイバーに騎乗するため柴田善臣への乗り替わりであったが4番人気に支持され、オープン競走未勝利ながらも5着で入線した。ラスカルスズカ フレッシュアイペディアより)

  • 岡部幸雄

    岡部幸雄から見た柴田善臣柴田善臣

    1984年10月1日、岡部は特定の厩舎に所属しないフリーランスの騎手となった。動機は、所属厩舎が管理する馬への騎乗を優先させて騎乗したい馬に乗れないことへの不満にあった。岡部がフリー騎手となったことはほかの騎手に影響を与え、1990年代にはトップジョッキーがフリーであることは一般的な事柄となった。さらにフリー騎手となってから数年が経過した時に、レースにだけ集中したいという思いから騎乗依頼についてエージェントを導入した。エージェントについても岡部の行動はほかの騎手に影響を与え、2006年にJRAが騎乗依頼仲介者として公認するほど普及した。ライターの阿部珠樹は岡部によって「優れた騎手が優れた馬に乗る」という「スポーツとして当然の法則」が切り拓かれたと評した。岡部は1つのレースに複数の騎乗依頼が来た場合、能力があると認めながらもそのレースでは騎乗できない競走馬への依頼を、自らを慕う柴田善臣、田中勝春に振り向けた。柴田、田中を受け皿とすることで、依頼を断るとその競走馬をほかの騎手にとられてしまいその後の騎乗が困難になるという問題に対処したのである。岡部と柴田、田中の関係は「岡部ライン」と呼ばれた。岡部幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本競馬

    2013年の日本競馬から見た柴田善臣柴田善臣

    2日 - 東京競馬第11競走で、柴田善臣(美浦)が史上3人目、現役では武豊に次いで2人目となるJRA通算1万8000回騎乗を達成。→10月13日の出来事参照2013年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 中野隆良

    中野隆良から見た柴田善臣柴田善臣

    父は元調教師の中野吉太郎。柴田善臣、南田美知雄(現・調教師)、田口大二郎(現・調教助手)、佐藤年毅(現・調教助手)は元所属騎手。中野隆良 フレッシュアイペディアより)

  • キングヘイロー

    キングヘイローから見た柴田善臣柴田善臣

    1999年は年明け早々から柴田善臣騎乗で東京新聞杯、中山記念と重賞を連勝した。タイキシャトルの抜けたマイル路線の中心的存在と期待されたが、3ヶ月ぶりの安田記念は11着に沈み、宝塚記念も8着とふるわなかった。秋初戦の毎日王冠も横山典弘が騎乗したが5着、天皇賞(秋)も柴田善臣が騎乗したが7着とふるわなかったため、マイルチャンピオンシップでは鞍上を福永祐一に戻した。この際の騎乗にあたって、福永は頭を丸めて臨むという気合の入れようだった。だが、レースでは武豊騎乗のブラックホークをかわすも、春秋マイルGI制覇を達成したエアジハードの横綱相撲の前に2着に敗れた。続くスプリンターズステークスでも福永が乗ったが、ブラックホーク、アグネスワールドを捕まえきれず、3着と勝ち切れなかった。キングヘイロー フレッシュアイペディアより)

  • 競馬板

    競馬板から見た柴田善臣柴田善臣

    悪徳馬券予想会社の暴露や競馬関係者に対する罵詈雑言といった、匿名掲示板ならではのスレッドも展開されている。特定の馬や人物に対しては、例えば騎手には「大先生」(柴田善臣)や「ゴ」(郷原洋司)といった愛称が考案され、また競走馬はアスキーアートによって擬人化されるなどして、独自の世界が形成されている。競走馬の馬名を中途半端なところで略した通称が使われることも多く、代表的な例としては「インモー(ファインモーション)」「ラーメン(レギュラーメンバー)」「ススズ(サイレンススズカ)」などが挙げられる。競馬板 フレッシュアイペディアより)

  • ナイスベンゲル

    ナイスベンゲルから見た柴田善臣柴田善臣

    2002年8月18日、デビュー戦となった新潟競馬場での3歳未勝利戦(ダート1800メートル)で、柴田善臣が騎乗し単勝3番人気に推され、勝利を挙げた。しかしその後屈腱炎により長期療養の末、2004年2月に引退となったため、これが最初で最後のレースとなってしまった。ナイスベンゲル フレッシュアイペディアより)

  • タケミカヅチ (競走馬)

    タケミカヅチ (競走馬)から見た柴田善臣柴田善臣

    2007年(平成19年)7月29日、第2回新潟競馬第6日目第6競走の新馬戦にてデビュー、鞍上は柴田善臣だった。単勝3番人気で1着となった。タケミカヅチ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • モルフェデスペクタ

    モルフェデスペクタから見た柴田善臣柴田善臣

    2000年5月、北海道で行われたプレミア3歳(旧齢)トレーニングセールにて1ハロン10秒54の1番時計を記録し、「モルフェ」の冠名を使用する馬主の並河賢一郎に7140万円(消費税込み)という高額で落札された。そのまま並河の所有馬として美浦の大江原哲厩舎に預託され、同年7月9日函館競馬場での新馬戦(芝1200メートル)でデビュー。デビュー戦には江田照男が騎乗し、単勝1番人気馬シャワーパーティーから1馬身と4分の1離された2着に敗れた。初勝利は柴田善臣が騎乗した2戦目、中山競馬場での未勝利戦(ダート1200メートル)であった。1番人気に支持されたこのレースでは、2着トーセンエキコに8馬身差をつけて逃げ切った。モルフェデスペクタ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
92件中 1 - 10件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード