木佐貫洋 ニュース&Wiki etc.

木佐貫 洋(きさぬき ひろし、1980年5月17日 - )は、鹿児島県川内市(現:薩摩川内市)出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「木佐貫洋」のつながり調べ

  • 2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た木佐貫洋

    11月20日14時より新高輪プリンスホテルで行われ、78選手の交渉権が確定した。いわゆる「松坂世代」の大学生が卒業する年度ということもあって有力選手が多く、投手は和田毅、新垣渚、木佐貫洋、永川勝浩など、野手は後藤武敏、村田修一などが上位指名を受けた。(2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た木佐貫洋

    木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾と日本ハムの糸井嘉男、八木智哉との3対2のトレードが成立。その糸井は3番ライトを担い、4番でこの年も24本塁打を記録した李大浩、5番のバルディリスと共に強力なクリーンアップを築いた。エース金子千尋はケガのため、オープン戦に登板できなかったものの、ぶっつけ本番で開幕投手を任され好投した。また、西も先発ローテーションに入り、2人とも成績を残した。交流戦は13勝10敗で、巨人・日本ハム・ロッテと同率の3位とした。金子千尋は24勝無敗の偉業を成し遂げた楽天の田中将大に沢村賞は譲ったが、田中もできなかった沢村賞の選考基準全項目を満たし、奪三振王のタイトルを獲得した。また、糸井嘉男も移籍一年目にもか関わらず共に5年連続となる打率3割・ゴールデングラブ賞を達成し、自己最多の安打、本塁打、盗塁を記録するなど投打の柱は共に活躍した。しかし、チームとしては10月1日の対ソフトバンク戦に2対9で敗れて5年連続のBクラスが確定、クライマックスシリーズ進出を逃し、10月6日の対ロッテ戦に3対1で勝利して3年ぶりの5位を確定させた。この年のオフ、4番の李大浩が退団しソフトバンクに移籍。また、後藤光尊が鉄平とのトレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。これにより、ブルーウェーブ時代から一貫してオリックスに在籍し続けた選手は姿を消した。(オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

「木佐貫洋」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「木佐貫洋」のニューストピックワード