最高裁裁判官の国民審査 ニュース&Wiki etc.

最高裁判所裁判官国民審査(さいこうさいばんしょさいばんかんこくみんしんさ)は、日本において最高裁判所裁判官を罷免するかどうかを国民が審査する制度である。 (出典:Wikipedia)

「最高裁裁判官の国民審査」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「最高裁判所裁判官国民審査」のつながり調べ

  • 秘密投票

    秘密投票から見た最高裁判所裁判官国民審査

    日本においても最高裁判所裁判官国民審査の投票用紙には罷免を可とする際にのみ記入することになっているため、投票箱に別の投票用紙が入らないようにする措置として衆議院の投票用紙と国民審査の投票用紙が別々に渡されていたことも多かった1958年の第4回までの時代は、国民審査の投票用紙が交付された後に記載所に向ったかどうかで、その人の投票行動が第三者にほぼ把握されかねないという同様の問題が発生していた(審査対象裁判官が複数人いる場合は誰に記入したかまでは不明だったが、特に第3回は審査対象裁判官が1人だったため、投票者の行動が自明となった)。そこで、1960年の第5回からは中央選管の方針として混同を避けるための2つの用紙の差別化を図った上で衆議院の投票用紙と国民審査の投票用紙を同時に渡す方針を示すようになった。1996年の第17回以降は比例代表の票と同時に渡すこととされている。なお、日本国憲法下の衆議院総選挙で衆議院総選挙が無投票当選となったために衆議院総選挙の投票用紙が配られなかった上で最高裁裁判官国民審査のみが行われた例はない。(秘密投票 フレッシュアイペディアより)

  • 自治行政局

    自治行政局から見た最高裁判所裁判官の国民審査

    最高裁判所裁判官の国民審査、一の地方公共団体のみに適用される特別法の制定のための投票、日本国憲法改正の国民の承認に係る投票及び地方公共団体の住民による各種の直接請求に基づく投票に関する制度の企画及び立案に関する事務(自治行政局 フレッシュアイペディアより)

「最高裁判所裁判官国民審査」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「最高裁裁判官の国民審査」のニューストピックワード