前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
907件中 1 - 10件表示
  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    最終節(11月18日)で、京都を破り、前節まで2位の山形が川崎にVゴール負けしたため、リーグ2位が決まり、東北地方のクラブとして初のJ1昇格が決定した。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    補強面では、市原から鷲田雅一を、平塚から岩元洋成を、京都から吉田達磨を、C大阪から卜部太郎を、ブラジルのリオクラロFCからアランを、川崎からムタイルを、札幌からバウテルを完全移籍で獲得し、横浜Mから平間智和をレンタル移籍で獲得した。新人では、鶴商学園高から根本亮助、前橋育英高から小久保純、静岡学園高から飯塚浩記が加入した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    新聞社のスポーツ欄掲載の記録ページでは、1998年までは単に「川崎」と表していたが、1999年から川崎フロンターレ (川崎F)がJリーグへ加盟したため、「V川崎」(ナビスコ杯に川崎Fも参加したため、1997年以後この表記)としていた。東京移転後の2001年からは、FC東京と区別するため、「東京V」としている。一部新聞等では、「東京ヴ」と表記していることもある。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    補強としては新潟からチョ・ヨンチョル、川崎から菊地光将、山形から長谷川悠、G大阪から下平匠を完全移籍で獲得。また、新外国人選手としてサンパウロFCからカルリーニョスを期限付き移籍で獲得し、市川雅彦をレンタル移籍から復帰させた。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    5月27日 - 西澤明訓と森島寛晃の軸を中心に西谷正也と盧廷潤のサイドアタックでリーグを席巻。あと1勝で1stステージ優勝だったが、最終節で最下位の川崎にVゴールで敗れ、ステージ優勝を横浜FMにさらわれた。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2005年、西野体制4年目。アラウージョ、藤ヶ谷陽介を獲得。リーグ戦序盤6試合はわずか1勝であったが、リーグ戦中盤以降にはアラウージョ、大黒将志、フェルナンジーニョを擁する攻撃力が機能するようになり(総得点は合計82)、22節に首位に立つ。ナビスコ杯は初めて決勝へ進出。決勝は千葉にPK戦で敗退したが、準優勝の成績を収めた。リーグ戦では終盤に失速し、第33節終了時点でC大阪に抜かれ、2位に後退する。それでも、最終節で川崎に勝利し、勝点1差の首位だったC大阪がFC東京と引き分けたため、クラブ創設以来初また関西のチームとして初となるリーグ優勝を果たした(詳細は2005年J1最終節を参照)。同時にAFCチャンピオンズリーグ2006(ACL)の出場権を獲得した。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸ホーリーホック

    水戸ホーリーホックから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    水戸ホーリーホックとして初の公式戦は1997年4月20日、旧JFL開幕戦の札幌戦(笠松運動公園陸上競技場)で、0-2で敗戦。ここから14連敗し(うち延長戦でのVゴール負けが2試合)、初勝利は7月19日、第15節の川崎戦(1-0)となった。なお、Jリーグ準会員だった川崎は、このシーズンの最終成績で勝ち点1及ばずにJリーグ昇格を逃している。水戸は後半戦に3勝を挙げたが、16チームのリーグ戦で最下位に沈んだ。しかし、札幌のJリーグ昇格と福島FCの消滅により、地域リーグ決勝大会2位チームとの入替戦は行われず、水戸は残留を決めた。水戸ホーリーホック フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川クラシコ

    多摩川クラシコから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    多摩川クラシコ(たまがわクラシコ)とは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に所属する東京都をホームタウンとするFC東京と神奈川県川崎市をホームタウンとする川崎フロンターレの両チームが対戦する試合 の呼称である。多摩川クラシコ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のサッカー

    2012年のサッカーから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    【Jリーグ】川崎フロンターレが相馬直樹監督を成績不振により解任した。2012年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 高山薫

    高山薫から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    中学・高校時代は川崎フロンターレの下部組織に在籍していたが、トップチームに昇格することは出来ず、専修大学に進学。大学2年時に「関東大学選抜B」に選出、大学4年時には神村奨と2トップを組んで12得点を挙げ、2010年の関東大学サッカーリーグ2部での最多得点者となった。高山薫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
907件中 1 - 10件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]