大島康徳 ニュース&Wiki etc.

大島 康徳(おおしま やすのり、1950年10月16日 - )は、大分県中津市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)・監督、野球解説者。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「大島康徳」のつながり調べ

  • 2002年の日本プロ野球

    2002年の日本プロ野球から見た大島康徳

    3月31日 - 日本ハムの監督の大島康徳が31日のダイエー2回戦(福岡ドーム)で審判員への暴力行為などで退場処分を受け、2日が東京ドームでの本拠地開幕戦であることを配慮し、出場停止は3、4日のオリックス戦の2試合となった。(2002年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た大島康徳

    監督一年目1987年は2年連続5位のチームを2位にした。開幕投手は杉本正を星野は起用したが、近藤貞雄はこれに対して「開幕投手の指名は“今年のエースはお前だ。シーズンを通して頼りにしてるぞ”という監督の意思表示だ。とすれば小松しかいない。それが杉本だった。杉本もいい投手だが、シーズン通して頼れる投手ではない」と述べている 。杉本は2本本塁打打たれ負け投手。打線も西本聖に抑えられた。監督としてのは初勝利は巨人戦の3戦目(勝ち投手は小松)。この年は仁村徹は規定打席に達しレギュラーになった。同年6月11日、熊本・藤崎台県営野球場での対巨人戦で、宮下昌己がウォーレン・クロマティの背中に死球を与え両軍入り乱れての大乱闘に発展。その際、巨人監督の王貞治に対し拳を突き出し挑発ともとれるポーズをとり、喧嘩を売ったと批判された。王に「我々が主役になってはダメだ」と諭されたが、「やられたらやり返すのが当たり前じゃないですか。」と言い返した。後年その際のことに触れ、拳を突き出した件については「拳で殴ることはないでしょう?」という抗議の意味であったと釈明している。同年オフ大島康徳、平野謙、曽田康二を放出し、大宮龍男、田中富生、小野和幸を獲得した。巨人を自由契約となった仁村薫も獲得した。(星野仙一 フレッシュアイペディアより)

「大島康徳」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「大島康徳」のニューストピックワード