四国のできごと ニュース&Wiki etc.

四国(しこく)は、日本列島を構成する島の一つである。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「四国」のつながり調べ

  • プロレスアワー

    プロレスアワーから見た四国

    1977年以降は、東京23区内や大都市における興行に関しても変化が生じ、宮城県スポーツセンターと愛知県体育館における興行は1977年と1978年の2年連続で行われず、宮城県スポーツセンターで行われた興行自体も1979年7月9日開催の「'79ビッグ・サマー・シリーズ」(実況生中継)が最後となった。札幌中島スポーツセンターにおける興行も、1976年までは年2〜3回のペースで行われていたが、「'77ビッグ・チャレンジ・シリーズ」以降は年1回のみとなった。1979年9月28日に行われた「'79ダイナマイト・シリーズ」川崎市体育館大会(メインは原VSロコのWWU世界ジュニアヘビー級王座戦)ではテレビ中継から外され、川崎市体育館における興行はこの興行が最後となった。後楽園ホール以外の東京23区内の会場における興行も、大田区体育館と蔵前国技館は前述の通り1978年をもって撤退した他、前述の「'79ダイナマイト・シリーズ」池袋大会が最後となり、「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」以降における東京23区内の興行は後楽園ホールのみで行われることになった。また、広島市では「'79スーパー・ファイト・シリーズ」以降、福岡市では「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」以降、それぞれ興行自体が行われなくなった。尚、1979年は大阪府立体育館と札幌中島スポーツセンターでの興行は行われなかった。同時に国際プロレスは、人気低下やそれに伴う資金難から政令市や県庁所在地の大会場を押さえるのが困難な状況となっていき、1979年には仙台市、広島市、福岡市の他にも、長野市、富山市(2都市共「'79ビッグ・チャレンジ・シリーズ」をもって撤退)、水戸市(「'79ビッグ・サマー・シリーズ」をもって撤退)、秋田市(「'79ダイナマイト・シリーズ」をもって撤退)のように、興行から撤退する県庁所在地が続出した。1980年には後述のように興行自体のキャンセルが相次ぎ、四国サーキット自体も行われなかった他、甲信越地方3県(山梨県・長野県・新潟県)の県庁所在地における興行も、同年1月4日開催の「'80新春パイオニア・シリーズ」開幕戦新潟市体育館大会(テレビ未収録)が最後となった。特に山形県、福島県、兵庫県、中国地方では、福島県は1978年以降における興行のほとんどが、浜通りや会津地方で行われ、中通りで行われた興行はごくわずかにとどまった他、兵庫県と中国地方でも、「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」以降における興行のほとんどが、中国自動車道沿線の市町村、兵庫県但馬地方、鳥取県、島根県、山口県長北地方で行われ、主要都市を多く抱える山陽本線・呉線・国道2号沿線の市町村で行われた興行はごくわずかにとどまった。山形県でも、1980年以降における興行はすべて庄内地方で行われ、奥羽本線や国道13号沿線の市町村では全く興行が行われなくなった。放送する週も、1977年の50週をピークに、1978年からは減少に転じた。(プロレスアワー フレッシュアイペディアより)

  • キヅタ

    キヅタから見た四国

    東アジアの朝鮮、日本(北海道南部、本州、四国、九州、琉球)に分布する。(キヅタ フレッシュアイペディアより)

「四国」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「四国のできごと」
地図情報

「四国のできごと」のニューストピックワード