吉田拓郎 ニュース&Wiki etc.

吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフ・レコードの第2代社長である。本名同じ。旧芸名は平仮名のよしだたくろう。楽曲提供者としては入江剣の名も用いている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「吉田拓郎」のつながり調べ

  • 時には娼婦のように

    時には娼婦のようにから見た吉田拓郎

    1977年11月1日に当時フォーライフの社長だった吉田拓郎が、なかにしにアルバム製作を依頼し、なかにしが全曲作詞・作曲・歌唱したアルバム『マッチ箱の火事』がフォーライフから発売された。本曲はこのアルバムからのシングル・カットである。黒沢歌唱版となかにし歌唱版のシングルは同時発売となった。ショッキングな歌詞で、黒沢も尻込みして嫌がるほどであったが「賛同者は拓郎一人だけだった」となかにしは話している。なかにしは「ニューミュージック歌手の中には、テレビに迎合する者も少なくなかった」「彼らは去勢されたような声を出して歌っていた」「そんな音楽界に対するアンチテーゼとしてつくった」「当時台頭していたニューミュージックへの挑戦状だった」などと述べている。(時には娼婦のように フレッシュアイペディアより)

  • いなむら一志

    いなむら一志から見た吉田拓郎

    1971年 第4回全日本ライト・ミュージック・コンテストの北海道代表となり全国4位。(このコンテストの歴代入賞者には、吉田拓郎、赤い鳥、チューリップ、ふきのとう等がいる)(いなむら一志 フレッシュアイペディアより)

「吉田拓郎」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「吉田拓郎」のニューストピックワード