前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • 木塚敦志

    木塚敦志から見た加藤武治加藤武治

    はチームトップの58試合に登板して6勝5敗、防御率2.44を記録。木塚と川村丈夫、加藤武治、マーク・クルーンの中継ぎ投手4本柱は、4人合計で215試合・防御率2.74の好成績を記録し「クアトロK」と名付けられた。また同年から始まったプロ野球交流戦の初戦となった5月6日の対ロッテ戦では勝利投手となり、他球場の試合が終わっていなかったことから、交流戦最初の勝利投手となった。は二段モーション禁止の影響により思うような投球ができず、防御率も前年度より悪化したが、それでも59試合に登板。木塚敦志 フレッシュアイペディアより)

  • クアトロK

    クアトロKから見た加藤武治加藤武治

    加藤武治(Katoh, Takeharu)→2009年11月、日本ハムにトレード移籍し、2011年現役引退クアトロK フレッシュアイペディアより)

  • 関口雄大

    関口雄大から見た加藤武治加藤武治

    7月、初の一軍昇格を果たした。同19日、プロ初打席で初球を打ち初安打。11月26日に、稲田直人、坂元弥太郎、松山傑との交換トレードで加藤武治、松家卓弘と共に北海道日本ハムファイターズに移籍した。育成枠出身者のトレードは初である。背番号は松山が着用していた57に決まった。関口雄大 フレッシュアイペディアより)

  • 西村弥

    西村弥から見た加藤武治加藤武治

    初打席:2006年5月10日、対横浜ベイスターズ2回戦(横浜スタジアム)、11回表に加藤武治から四球西村弥 フレッシュアイペディアより)

  • けものとチャット

    けものとチャットから見た加藤武治加藤武治

    生徒会会計。生徒会長に忠誠を誓っている犬っぽい性格で、会長は彼を名前だけで採ってしまった(「かねこ」)。一人称は「私」(一度だけ「僕」、「俺」)。作者が描く加藤武治に顔が似ている。けものとチャット フレッシュアイペディアより)

  • レニー・ハート

    レニー・ハートから見た加藤武治加藤武治

    この他、2006年は横浜スタジアムなどでの横浜ベイスターズ主催試合での「クアトロK」(木塚敦志、川村丈夫、加藤武治、マーク・クルーン)及び土肥義弘(登場曲がPRIDEのテーマだから)投手の登場時のコール(録音)も担当している。レニー・ハート フレッシュアイペディアより)

  • 小山田保裕

    小山田保裕から見た加藤武治加藤武治

    はセットアッパーの加藤武治・木塚敦志の相次ぐ戦線離脱により、中継ぎを中心に39試合に登板。また、ローテーションの谷間に先発を務めるなど、同年総崩れであった横浜のピッチングスタッフの中で獅子奮迅の活躍をみせた。先発・リリーフともにこなし、前半戦こそ最も信頼できるリリーフ投手だったが、ローテーションの谷間の先発起用時に防御率を押し上げてしまった(同様のケースに真田裕貴や桑原謙太朗がいた)。小山田保裕 フレッシュアイペディアより)

  • 円谷英俊

    円谷英俊から見た加藤武治加藤武治

    初安打・初本塁打:同上、8回裏に加藤武治から右越3ラン円谷英俊 フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ガイエル

    アーロン・ガイエルから見た加藤武治加藤武治

    初盗塁:2007年8月25日、対横浜ベイスターズ14回戦(明治神宮野球場)、8回裏に二盗(投手:加藤武治、捕手:鶴岡一成)アーロン・ガイエル フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た加藤武治加藤武治

    11月25日 - 横浜の坂元弥太郎、松山傑、稲田直人と、日本ハムの加藤武治、松家卓弘、関口雄大による3対3の交換トレードが成立。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示

「加藤武治」のニューストピックワード