前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
338件中 1 - 10件表示
  • 木材

    木材から見た道具道具

    木材(もくざい)とは、様々な材料・原料として用いるために伐採された樹木の幹の部分を指す呼称。その用途は、切削など物理的加工(木工)された木製品に限らず、紙の原料(木材パルプ)また薪や木炭に留まらない化学反応を伴うガス化・液化を経たエネルギー利用や化学工業の原料使用、飼料化などもある。皮を剥いだだけの木材は丸太(まるた)と呼ばれる。材木(ざいもく)も同義だが、これは建材や道具類の材料などに限定する場合もある。木材 フレッシュアイペディアより)

  • ピック

    ピックから見た道具道具

    ピック(pick、アメリカ英語)またはプレクトラム(plectrum、イギリス英語)は、ギターなどの撥弦楽器を演奏するための道具。三味線などに用いられる撥(ばち)とは区別される。また琴などに用いられ指先に取り付ける爪およびフィンガーピックと区別するためにフラットピックと呼ばれる場合もある。ピック フレッシュアイペディアより)

  • 石鏃

    石鏃から見た道具道具

    石鏃(せきぞく)は、道具・武器の一種。石を材料として作られた鏃(やじり。矢尻とも、また矢先や矢の根とも)。矢の先端に紐などで固定させて用いる、刺突用の小型の石器である。石製の鏃(せきせい-、いしせい-)などとも言う。また古い言い方では石弩(いわのやのね)、矢の根石(やのねいし)などとも言う。石鏃 フレッシュアイペディアより)

  • 塚

    から見た道具道具

    古神道に由来する観念として、無念を持った者の魂が神霊となり、荒ぶる神にならぬよう祀ったものでもあり、古神道の根幹をなす、万物に神や命が宿るという観念から、感謝や祈願をこめて器物(道具など)や生き物を祀ったものでもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 投信の窓口

    投信の窓口から見た道具道具

    「投信の窓口」(とうしんのまどぐち)は、高木証券が展開する来店型及びウェブ形式での投資信託専門店のブランドである。同店では高木証券ファンド・リサーチセンターが開発した投信分析ツールである「ファンド・ラボ」で数ある国内籍公募追加型投資信託を公平・中立に評価・分析を行い、顧客にとって最適と思われる投資信託及びポートフォリオを提供するサービスを展開している。投信の窓口 フレッシュアイペディアより)

  • 人類の知能の進化

    人類の知能の進化から見た道具道具

    共感、心の理論、哀悼、儀式、シンボルと道具の使用といった人間の知性の多くの特質は、大型類人猿において既に見られるが、人間よりは洗練されていない。人類の知能の進化 フレッシュアイペディアより)

  • 大型ハンマー

    大型ハンマーから見た道具道具

    大型ハンマー(スレッジハンマー、Sledgehammer)とは、長い柄に、大きく平らな重い主に金属塊(ハンマーヘッド)が取り付けられた道具(槌、つまり、ハンマー)である。なお、英語では、大型ハンマーのことをSledgehammer(スレッジハンマー)と表記するのが一般的だが、まれに、dynamic hammer(ダイナミックハンマー)と呼ぶ場合もある(詳細後述)。大型ハンマー フレッシュアイペディアより)

  • 投網

    投網から見た道具道具

    投網(とあみ)とは、漁業に用いる漁網の一種で、岸辺や船上から魚がいると思われる地点に投げ入れて魚を捕る道具である。この漁網を用いて行う漁撈活動のことを投網漁といい、網を投げられる様に手に持つ下拵えを手取り(拵え)という。また、投網を投げることを「投網を打つ」という。投網 フレッシュアイペディアより)

  • 遺物

    遺物から見た道具道具

    用途は、利器(狩猟具・武器・農具を含む)、容器(食器・供献具・貯蔵具を含む)、調理具・煮炊具、衣服・履き物、装身具(威信財を含む)、祭祀具、文房具、冷暖房のための道具、貨幣など生活用具一切を含んで多岐にわたる。これら道具およびその道具を製作する過程にできる副産物(石器を製作する際の剥片や石核、鉄製品をつくる際の鉄滓・鍛冶滓など)や原料(石器の母岩や土器の素材となる粘土塊、金属を精錬する際の木炭など)、道具をつくるための道具(工具)も遺物であり、栽培ないし貯蔵、加工されたことが明らかな植物遺体がある。動物遺体(骨・貝殻など)ではその土地の古環境を示す野生動物をはじめ、狩猟や漁業・消費により廃棄されたもの、家畜・愛玩動物など飼育あれたもの、あるいは埋葬や祭祀目的で副葬されたものなどがある。また、トイレ遺構から出土した排泄物などの有機物遺体も遺物に含める。遺物 フレッシュアイペディアより)

  • 先史時代

    先史時代から見た道具道具

    先史時代の対象範囲は、定義に忠実ならば宇宙開闢以来の時間範囲が該当する。しかし一般的には地球上で生命誕生が起こってからの時代が取扱われ、特に人類が出現してから以降と捉えられることが多い。この人類発祥後の時代は三時代法(en)というそれぞれの時に使われた主要な道具類の種類に基づく石器時代(旧石器時代、新石器時代)、青銅器時代、鉄器時代という連続した時間(en)ごとの期間区分(en)が用いられ、それ以前は地層が形成された時期を元とした層位学的(en) 地質記録(en)に基づいて地質時代単位で分けられる。ただし、マカリスター(en)などは石器時代に先行する加工性に優れる木材を利用した木器時代を提唱し、また人類史において道具を使わない時代というものも想定される。また、新石器時代と青銅器時代の間に銅器時代が入る場合もある。先史時代 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
338件中 1 - 10件表示

「使うもの」のニューストピックワード