166件中 71 - 80件表示
  • アナキズム

    アナキズムから見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    作家の石川淳や埴谷雄高、俳優の天本英世などがアナキズムに強い関心を示すとともに、映画評論家で『映画批評』編集長の松田政男はアナキズムの立場を明確にしていた。また現在では佐藤優や福田和也らがアナキズムに言及している。アナキズム フレッシュアイペディアより)

  • 長崎尚志

    長崎尚志から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    憂国のラスプーチン (作画:伊藤潤二 原作:佐藤優) (2010年 - 、ビッグコミック) - 脚本長崎尚志 フレッシュアイペディアより)

  • マルコポーロ事件

    マルコポーロ事件から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    副島隆彦はインターネット上でホロコーストの見直しを支持する立場を表明し、さらに元外務省職員の佐藤優との2008年に出版された対談書で、マルコポーロ事件以後、日本の出版物において、ユダヤ人についての言論に自主規制がかかっているという趣旨の懸念を述べている。マルコポーロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 谷内正太郎

    谷内正太郎から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    外務省における田中眞紀子と鈴木宗男の争いにおいては、田中眞紀子に忠実に仕えた。鈴木宗男に対しては「私は鈴木さんには詫びない。鈴木さんの考え方は、外交論として筋の通ったものだ。それを踏まえたうえで、外務省の方針を決める。それで鈴木さんとぶつかるなら、残念だけれども仕方が無い」という態度をとり、後日の鈴木宗男バッシングにも加わらなかった。これを鈴木に伝えた外務省の情報官・佐藤優によれば、それを聞いた鈴木は「谷内はしっかり者だ」と言ったという。佐藤も、谷内を「官僚道をわきまえた人物」と評価している。谷内正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 内外切抜通信社

    内外切抜通信社から見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    2016年(平成28年)- 池上彰・佐藤優 著「僕らが毎日やっている最強の読み方」(東洋経済新報社出版)で紹介される。内外切抜通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 有職読み

    有職読みから見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優(サトウ マサル→通称でユウ)有職読み フレッシュアイペディアより)

  • 山口那津男

    山口那津男から見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    『いま、公明党が考えていること』(共著者:佐藤優、2016年4月5日、潮出版社、ISBN 978-4-267-02050-6)山口那津男 フレッシュアイペディアより)

  • 特別捜査部

    特別捜査部から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優 『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』 新潮社、2005年3月26日。ISBN 9784104752010特別捜査部 フレッシュアイペディアより)

  • 山野車輪

    山野車輪から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優は、山野は知的水準があまり高くないが、影響力は大きいと語った。山野車輪 フレッシュアイペディアより)

  • 大使閣下の料理人

    大使閣下の料理人から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    ロシア外交のノンキャリエキスパート:佐藤外交官の失脚(Order.289 - 293、作品中では「伊藤健治」)大使閣下の料理人 フレッシュアイペディアより)

166件中 71 - 80件表示

「佐藤優」のニューストピックワード