166件中 51 - 60件表示
  • 上柳昌彦のお早うGoodDay!

    上柳昌彦のお早うGoodDay!から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優(外交官、作家)上柳昌彦のお早うGoodDay! フレッシュアイペディアより)

  • 合同情報委員会

    合同情報委員会から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優、手嶋龍一 『インテリジェンス 武器なき戦争』、幻冬舎〈講談社文庫〉、2006年合同情報委員会 フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・マクグラス

    アリスター・マクグラスから見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優は、日本語で読めるおそらく唯一の神学の包括的文献としてマクグラスの『キリスト教神学入門』を挙げ、この本の利点は外国語、古典語の障壁を感じることなく神学の基礎知識を習得できることだとしつつ、同時にこれはイングランド国教会の立場が正しいと思う方向に誘導されるよう構成された国教会の弁証的、論争的な本だとも指摘している。アリスター・マクグラス フレッシュアイペディアより)

  • オトナカレッジ

    オトナカレッジから見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    佐藤優のオトナカレッジ(2014年12月22日、文化放送 メディアプラス ホール)オトナカレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 三井環

    三井環から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    検察捜査に批判的な意見を持つ人間から一定のネガティブなコメントが三井環に寄せられている。ジャーナリストの魚住昭は暴力団関係者と交遊していたことは三井が立派な検事ではなかったことを示していると述べ、元外交官の佐藤優は、三井は体制との闘う際の論理の組み立てが完全に反体制の側に行っており、それまでの公安検事として過激派をいじめていた立場の三井の前半生と整合性が取れていないことを批判的見地から述べている。三井環 フレッシュアイペディアより)

  • 藻谷浩介

    藻谷浩介から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    2013年7月に発売された『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』が反響を呼び、発売3ヶ月で16万部を突破、作家の佐藤優や歌手の加藤登紀子が推薦し、首都圏だけでなく本の舞台となった中国山地など全国で売れている。藻谷浩介 フレッシュアイペディアより)

  • 住田良能

    住田良能から見た佐藤優 (外交官) 佐藤優 (作家)

    住田が編集局長を務めていた1995年に「教科書が教えない歴史」の連載が開始された。この後には「新しい歴史教科書」が扶桑社から出版された。また、国家基本問題研究所の理事も務めている。その一方で、佐藤優に太平洋戦争(大東亜戦争)賛美への危惧を表明したり、政治思想的に対極にある佐高信と長く親交を保つなどした。住田良能 フレッシュアイペディアより)

  • 郷原信郎

    郷原信郎から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    元民主党代表の小沢一郎に対する東京地検特捜部の捜査方法を厳しく批判しており、2010年1月18日、フォーラム神保町と現代深層研究会主催の緊急シンポジウム「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」に、青木理、魚住昭、大谷昭宏、岡田基志、木村三浩、佐藤優、鈴木宗男、田原総一朗、平野貞夫、宮崎学らとともに参加した。郷原信郎 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日出版文化賞

    毎日出版文化賞から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』毎日出版文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波實

    丹波實から見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    佐藤優(ロシア大使時代の部下)丹波實 フレッシュアイペディアより)

166件中 51 - 60件表示

「佐藤優」のニューストピックワード