前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示
  • 宮崎学

    宮崎学から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    2006年より、佐藤優、魚住昭らとメディア勉強会「フォーラム神保町」を運営。佐藤優とは『国家の崩壊』を共著で出版。佐藤が直接経験したソ連崩壊について聞き出している。宮崎学 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男事件

    鈴木宗男事件から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    日本共産党参議院議員(当時)の筆坂秀世は2回目の国会追及をする際に「共産党に国会で質問してもらいたい事柄に関する外務省の秘密書類が、質問当日の朝、議員会館に届けられた」と証言している。事実、佐々木代議士は、「国後島緊急避難所兼宿泊施設(メモ)」という外務省の秘密内部文書を質問に使用した。さらにこの点については、鈴木本人や共に逮捕された佐藤優(元・外務省国際情報局分析第一課主任分析官 現在は作家として活動)も、共著の中で筆坂をゲストという形で招いて対談し、米国との同盟関係を強めていた小泉政権の下で、ロシアとの独自のパイプを持って外交にイニシアティブを発揮していた鈴木を失脚させたい外務省が、鈴木の利権問題をとらえて、日本共産党の質問に乗った疑惑があることに言及し、これを非難している。鈴木宗男事件 フレッシュアイペディアより)

  • 新書大賞

    新書大賞から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    『ぼくらの脳の鍛え方』 (文春新書)- 立花隆、佐藤優新書大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 幻冬舎新書

    幻冬舎新書から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    インテリジェンス 武器なき戦争(佐藤優幻冬舎新書 フレッシュアイペディアより)

  • 新潮ドキュメント賞

    新潮ドキュメント賞から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優 『自壊する帝国』(新潮社)新潮ドキュメント賞 フレッシュアイペディアより)

  • 大川周明

    大川周明から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優による解説刊行。(小学館 2006年、のち同文庫)大川周明 フレッシュアイペディアより)

  • 小林よしのりの関連人物

    小林よしのりの関連人物から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優(文筆家)※ 詳しくはこちらを参照小林よしのりの関連人物 フレッシュアイペディアより)

  • 文藝春秋読者賞

    文藝春秋読者賞から見た佐藤優 (作家)佐藤優 (作家)

    第70回(2008年)戸塚洋二「あと三カ月 死への準備日記」佐藤優「インテリジェンス交渉術」文藝春秋読者賞 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉孝夫

    鎌倉孝夫から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    『はじめてのマルクス』、共著、鎌倉孝夫・佐藤優、金曜日、2013年鎌倉孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (作家)

    佐藤優同様、親イスラエルの姿勢を見せている。2009年のイスラエルによるガザ侵攻に際しては、3度にわたって質問主意書を提出した。ガザ地区を実効支配するハマースをテロ組織とする見解から、パレスチナへの1000万ドルの緊急人道支援は「我が国はテロ支援をし、テロに担する国であるというアピールをすることに等しく、我が国の国益を損なうことに繋がるのではないか」(2回目)と質問している。政府は麻生太郎首相の名で、ハマースを「テロリスト等一団体と認識している」こと、人道支援は「国際機関を通じて実施するものであり、御指摘は当たらない」とする回答を出した。「武力紛争が起きた原因はハマス側にあるとするイスラエル政府の右認識は、政府の認識と同じものか」(3回目)に対しては、「個別具体的原因を特定することは困難」と政府側は答弁した。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示

「佐藤優」のニューストピックワード