仏アルカテル・ルーセント ニュース&Wiki etc.

アルカテル・ルーセント()は、かつて存在したフランスを本拠とする通信システム・装置メーカー。ユーロネクスト・パリ、ニューヨーク証券取引所に上場していた。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アルカテル・ルーセント」のつながり調べ

  • タレス・アレーニア・スペース

    タレス・アレーニア・スペースから見たアルカテル・ルーセント

    アルカテル・アレーニア・スペースは、2005年6月1日にアルカテル・スペースとアレーニア・スパーツィオ の合併で誕生した企業であった。出資比率はアルカテル・ルーセントが67%、フィンメッカニカが33%を所有していた。合併によってヨーロッパ最大の人工衛星開発企業となった。多目的補給モジュールやコロンバスなど、国際宇宙ステーションの科学モジュールの構築も行っていた。(タレス・アレーニア・スペース フレッシュアイペディアより)

  • フリーソフトウェア財団

    フリーソフトウェア財団から見たアルカテル・ルーセント

    2010年5月2日、ZDNetのエド・ボット(Ed Bott)は、FSFはPlayOgg運動の最初の時点でいくつか事実誤認しており、彼らは誤った情報を故意に得ようとしていた上でプロプライエタリ・フォーマットの作成元を非難した、というFSFを批判する記事を同サイトにて公開した。FSFは運動の一環として、MP3に関する訴訟であるの結果、裁判所が被告のマイクロソフトに原告のアルカテル・ルーセントへの15億ドルの支払いを命じた件について言及したが、エドはこれが「真っ赤な嘘」であると主張した。なぜなら、マイクロソフトの特許権侵害が裁判で認定され、侵害に対する損害賠償を命じられたのは事実だが、のちにこの裁判が覆されたことをFSFは述べていなかったからである。またエドは、FSFがRealPlayer、Windows Media PlayerそしてiTunesといったメディアプレーヤーをターゲットに「フォーマット批判」を根拠なく主張したこと(FSFはこれらプレーヤーが専用のプロプライエタリなフォーマット、例えばWMPならばWMA、をユーザに強制しようとしているという誤った主張をした)について、FUDであると非難した。加えて、RealPlayer、iTunesそしてWMPのプライバシー侵害に関する問題が広く報告されているにもかかわらず、彼はこのようなソフトウェアがユーザを覗き見しているというFSFの主張については「純然たるFUD」であると述べ、「根拠無き相当酷い言い掛かり」であると述べた。(フリーソフトウェア財団 フレッシュアイペディアより)

「アルカテル・ルーセント」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ