40件中 11 - 20件表示
  • エドワード・カレン

    エドワード・カレンから見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    実写映画シリーズでは、ロバート・パティンソンが演じている。日本語吹き替えは櫻井孝宏がDVD版含め、シリーズを通して担当。(EclipseではDVDのメニューで劇場公開版の吹き替えと切り替えられるようになっている。Breaking Dawn Part1,Part2は字幕のみの上映だったため、DVDのみ吹き替えが収録されている。)エドワード・カレン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ストロンボロポロス

    ジョージ・ストロンボロポロスから見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    2013年6月9日にCNNで“Stroumboulopoulos”(邦題:痛快トークショー「ストロンボロポロス」)を開始し、CNNデビューを果たした。この番組は、彼が過去にCBCでやっていた時と同じような形式で番組が進行されている。過去にチャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ)、ラリー・キング、ヒラリー・クリントン、マイケル・ブーブレ、フランク・シナトラ Jr.、スティーブン・キング、オプラ・ウィンフリー、ブラッドリー・クーパー、ジャッキー・チェン、ナオミ・ワッツ、ロバート・パティンソン、ボノ、トム・クルーズ、クリント・イーストウッドなどの数々の著名人をインタビューした。ジョージ・ストロンボロポロス フレッシュアイペディアより)

  • MTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞

    MTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞から見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    男性演技賞: ロバート・パティンソン - 『トワイライト〜初恋〜』MTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞 フレッシュアイペディアより)

  • ベラミ 愛を弄ぶ男

    ベラミ 愛を弄ぶ男から見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    ジョルジュ・デュロワ:ロバート・パティンソンベラミ 愛を弄ぶ男 フレッシュアイペディアより)

  • リメンバー・ミー (2010年の映画)

    リメンバー・ミー (2010年の映画)から見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    タイラー・ホーキンズ - ロバート・パティンソン: 大学の聴講生。本屋のバイト。もうじき22歳。リメンバー・ミー (2010年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ロスト・シティ・オブ・ゼット

    ザ・ロスト・シティ・オブ・ゼットから見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    ロバート・パティンソン - ヘンリー・コスティンザ・ロスト・シティ・オブ・ゼット フレッシュアイペディアより)

  • トム・スターリッジ

    トム・スターリッジから見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    劇作家でありプロデューサーの父親チャールズ・スターリッジと女優である母親フィービー・ニコルズの元に長男としてロンドンで生まれ、名門パブリックスクール(全寮制男子校)であるウィンチェスター・カレッジに通った。祖父アンソニー・ニコルズ、祖母フェイス・ケント、叔父のケイト・ニコルズも俳優である。また、弟の通っているHarrodian Schoolに俳優のロバート・パティンソンがおり、親友同士になった。トム・スターリッジ フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ミショッド

    デヴィッド・ミショッドから見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    2010年、『アニマル・キングダム』で長編映画監督デビューを果たす。同年、『メタルヘッド』の脚本を手がける。2014年には、ガイ・ピアースとロバート・パティンソンを主演に迎えた『奪還者』が第67回カンヌ国際映画祭にて上映された。2017年、ブラッド・ピット主演の『ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!』で監督と脚本を手がけた。デヴィッド・ミショッド フレッシュアイペディアより)

  • ロナルト・ツェアフェルト

    ロナルト・ツェアフェルトから見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    インターネットではファンから「ラッセル・クロウとロバート・パティンソンの理想的な組み合わせ」と評されている。ロナルト・ツェアフェルト フレッシュアイペディアより)

  • サラ・グルーエン

    サラ・グルーエンから見たロバート・パティンソンロバート・パティンソン

    動物が大好きで、処女作『もう一度あの馬に乗って』(原題:"Riding Lessons" )と第2作"Flying Changes" では馬を扱っている。1930年代の移動サーカスを題材にした第3作『サーカス象に水を』(原題:Water for Elephants )は、最初の出版社に断られ、別の出版社を探さざるをえなかったが、同作は『ニューヨーク・タイムズ』でベストセラーとなり44か国語に翻訳され、2011年には『恋人たちのパレード』としてリース・ウィザースプーン、クリストフ・ヴァルツ、ロバート・パティンソン主演で映画化された。ボノボを主題とした第4作"Ape House" はシュピーゲル&グラウ社によって買われた。サラ・グルーエン フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「ロバート・パティンソン」のニューストピックワード