マリリン・マンソン ニュース&Wiki etc.

マリリン・マンソン ('、本名:ブライアン・ヒュー・ワーナー(Brian Hugh Warner)、1969年1月5日 - )は、アメリカ合衆国のミュージシャン。ロックバンド「マリリン・マンソン'」のリードヴォーカリスト。マリリン・マンソンの芸名は、マリリン・モンローとチャールズ・マンソンから取られている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「マリリン・マンソン」のつながり調べ

  • Tommy heavenly6 (アルバム)

    Tommy heavenly6 (アルバム)から見たマリリン・マンソン

    「Tommy heavenly6」のコンセプトは自身もファンであるマリリン・マンソンのゴシックなイメージをヴィジュアルに、曲に関してはスマッシング・パンプキンズの様なグランジやオルタナティブ・ロックな曲調で展開したく、作曲者にはそういった要望を出していた。(Tommy heavenly6 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・アラン・ポー

    エドガー・アラン・ポーから見たマリリン・マンソン

    一方、ポピュラー音楽においては1960年代から盛んにポー作品からインスピレーションを受けた楽曲が作られており、アイアン・メイデンの「モルグ街の殺人」(『キラーズ』収録)、エムシー・ラーズの「ミスター大鴉」、アラン・パーソンズ・プロジェクトのコンセプトアルバム『怪奇と幻想の物語―エドガー・アラン・ポーの世界』、同メンバーのひとりエリック・ウルフソンによる続編的アルバム『Poe: More Tales of Mystery and Imagination』、ルー・リードのアルバム『ザ・レイヴン』などがあるほか、ビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」、ジョーン・バエズの「アナベル・リー」、グリーンデイの「セイント・ジミー」、パブリック・エネミーの「テロ屋敷にようこそ」、宇多田ヒカルの「クレムリン・ダスク」などにポーやその作品への言及が見られる。85年にはドイツのバンドプロパガンダが「夢の中の夢」を朗読した曲をファーストアルバムに収録し、ブリトニー・スピアーズもツアー「夢の中の夢」でポー作品を使用している。更に、1990年代にはポーに心酔し彼からアーティスト名を借りたというシンガーソングライターが、2005年にはポーの文学を歌詞のテーマにした A Dream of Poe というゴシック/ドゥームメタルバンドがそれぞれデビューしている。またマリリン・マンソンはポーへの心酔を語っており、その結婚式はエドガー・アラン・ポー風とメディアに報じられた。マンソンはポーの水彩画を描くなどもしており、インタビューでポー作品を基にした映画を作りたいと語ったこともある。(エドガー・アラン・ポー フレッシュアイペディアより)