前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • マイケル・エシアン

    マイケル・エシアンから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    マイケル・エシアン フレッシュアイペディアより)

  • アクラ

    アクラから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェン (サッカー選手)アクラ フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・エメリヤノフ

    ロマン・エメリヤノフから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2009年にはイングランドのチェルシーFCへ2週間のインターンシップを経験。怪我から回復したマイケル・エッシェンらと共に練習試合に参加をした。ロマン・エメリヤノフ フレッシュアイペディアより)

  • ティアゴ・メンデス

    ティアゴ・メンデスから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    ティアゴは3人の中盤の一角としてクラブを支え、同シーズンのリーグ戦に4試合を除く34試合4得点を記録。全公式戦では51試合に出場し、フットボールリーグカップのタイトルを獲得。また、リーグ戦出場34試合中で敗戦したのは1試合のみ(2004年10月16日のマンチェスター・シティFC戦(0-1敗北))と損失割合にすると2.94%で、これは最低20試合以上に出場した選手の中で最も低い割合だった。このように主力の1人としてスタンフォード・ブリッジでの生活は成功したかに思われたが、翌シーズンにオリンピック・リヨンからガーナ代表のマイケル・エッシェンが加入してきたことで出場機会は訪れることはなかった。ティアゴ・メンデス フレッシュアイペディアより)

  • イジー・ヤロシーク

    イジー・ヤロシークから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2005年1月6日、プレミアリーグのチェルシーFCに加入した。同年夏にマイケル・エッシェンを獲得するなど守備陣の競争が激化した影響でバーミンガム・シティFCへ期限付き移籍した。イジー・ヤロシーク フレッシュアイペディアより)

  • マアマドゥ・ディアッラ

    マアマドゥ・ディアッラから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    マリの伝説的プレイヤー、サリフ・ケイタのトレーニングセンターで技術を磨き、17歳で渡欧して1998年にギリシャ・スーパーリーグのOFIクレタからデビューした。1999年にオランダ・エールディヴィジのフィテッセに移籍し、2000年夏に就任したロナルド・クーマン監督の下で中盤の要として頭角を現した。2002年にはフランス・リーグ・アンのオリンピック・リヨンに5年契約で移籍した。当初は控え選手だったが、2003-04シーズンにポール・ル・グエン監督が3人のセンターハーフを置くシステムを採用したことでポジションを獲得し、MFマイケル・エッシェンやMFジュニーニョ・ペルナンブカーノなどとトリオを組んで4度のリーグ優勝に貢献した。マアマドゥ・ディアッラ フレッシュアイペディアより)

  • アシール・エマナ

    アシール・エマナから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    1999-2000シーズンはバレンシアCFのカンテラに所属し、2000-01シーズンからトゥールーズFCのユースに在籍した。翌2001年の19歳の時に3部を戦うトゥールーズのトップチームに引き上げられプロデビューを果たすと、すぐに攻撃的ミッドフィールダーのポジションを獲得し、僅か2年でリーグ・アンへ昇格することに貢献した。リーグ・アンの舞台でも変わらず活躍していたことから、2005年にはマイケル・エッシェンの後釜を探していたオリンピック・リヨンやオリンピック・マルセイユなど同リーグの強豪が獲得に動いていると報じられた 。そんな中でチームに留まるを決心したエマナは、2006-07シーズンに36試合8得点を記録し、クラブ史上初となるUEFAチャンピオンズリーグ 2007-08予選出場権獲得となる3位に押し上げる原動力として活躍した。アシール・エマナ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・コフィ・アギエイ

    ダニエル・コフィ・アギエイから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    中盤でのボール奪取に優れ、ドリブルや多彩なテクニックで前線へボールを運ぶことができるセンターハーフである。肉体的な強さから、同郷のマイケル・エッシェンやディディエ・ゾコラらと比較される。成熟した選手となるためには90分を通して切れない集中力やミスを無くすことが必要と言われている。ダニエル・コフィ・アギエイ フレッシュアイペディアより)

  • 12月8日

    12月8日から見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    1982年 - マイケル・エッシェン、プロサッカー選手、ガーナ12月8日 フレッシュアイペディアより)

  • アミドゥ・サリフ

    アミドゥ・サリフから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    キャリア初期はディフェンダーとして、主にサイドバックの選手だった。その後中盤にポジションを移し、広いエリアをカバーする守備的なミッドフィールダーとなる。戦術理解、技術、スピード、フィジカル全てに秀でており、同胞のマイケル・エッシェンと比較される。アミドゥ・サリフ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「マイケル・エシアン」のニューストピックワード