ペドロ・マルティネス ニュース&Wiki etc.

ペドロ・ハイメ・マルティネス(Pedro Jaime Martinez, 1971年10月25日 - )は、ドミニカ共和国サント・ドミンゴ州出身の元プロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。現在は、ボストン・レッドソックスの特別GM補佐を務めている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ペドロ・マルティネス」のつながり調べ

  • エドガー・マルティネス

    エドガー・マルティネスから見たペドロ・マルティネス

    は後半戦に打ちまくり、8月にペドロ・マルティネスから通算1500本安打を達成。最終的にリーグ4位となる打率.337を残し、前年から続けてリーグトップの出塁率を記録した。(エドガー・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・ジョンソン

    ランディ・ジョンソンから見たペドロ・マルティネス

    3月24日、スプリングトレーニングでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦の7回に、投球が偶然飛んできた鳩を直撃するハプニングが起きた。投球はノーカウントになったが、ショックを受けてその後打ち込まれた。この場面は全米に放送され、後日動物愛護団体から訴えられた。5月8日のシンシナティ・レッズ戦で史上4人目の1試合20奪三振を達成するなど、前半戦で11勝・202奪三振を記録し、2年連続でオールスターゲームの先発投手を務めた。7月19日、前日照明の故障により3回表終了後にサスペンデッドゲームとなったパドレス戦が再開され、3回からリリーフとして登板。7イニングを1安打無失点に抑え、リリーフ投手としての新記録となる16三振を奪った。21勝6敗、共にリーグトップの防御率2.49・372奪三振を記録。23試合で2桁三振を奪い、奪三振率は13.41でペドロ・マルティネスが1999年に記録したMLB記録の13.2を更新した。同年チームメイトのカート・シリングが293奪三振を記録し、同一チームの2投手合計の奪三振は665で、エンゼルスのライアンとビル・シンガーがに記録した624を上回った。シリングと2人で計43勝を挙げて2年ぶりの地区優勝に貢献。セントルイス・カージナルスとのディビジョンシリーズでは第2戦に先発したが、アルバート・プーホルスに本塁打を浴びるなど8回3失点で敗戦投手。ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦で3安打11奪三振完封勝利。第5戦でも勝利投手となり、初のリーグ優勝に導いた。自身にとっても初出場となったヤンキースとのワールドシリーズでは第2戦に先発し、3安打11奪三振完封勝利。その後2試合連続でサヨナラ負けを喫するなど2勝3敗と王手をかけられるが、第6戦で勝利投手となりタイに戻す。最終第7戦ではリードを許した8回途中からリリーフとして登板し、無失点に抑える。チームは9回裏にルイス・ゴンザレスのサヨナラ安打で勝利し、史上最速の創設4年目でワールドチャンピオンとなった。3勝を挙げてシリングと共にシリーズMVPを受賞。3年連続でサイ・ヤング賞を獲得し、スポーツ・イラストレイテッド誌の2001年度スポーツマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、表紙を飾った。(ランディ・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

「ペドロ・マルティネス」のニューストピックワード